topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第2回 奥尻ムーンライトマラソン

奥尻ムーンライトマラソンに参加したマコピーのレポートです!!


去年に続き2回連続の参加となった「第2回奥尻ムーンライトマラソン」、キメてきました(笑)

この週末は、サロマ、函館ハーフ、札幌ドーム、等々各地でレースがあり、どれに出るか迷った方も多かったでしょう。
が、私は迷わず奥尻を選択!!

この「奥尻ムーンライトマラソン」は、沖縄県・伊平屋島で毎年開催されている、元祖ムーンライトマラソンを模して、昨年から始まった新しい大会です。
夕方スタートし、月明かりや、いか釣り船の漁火に照らされながら走るというもので、一般的なマラソン大会とは少々趣が異なります。
全国的には定員1万人以上のメガ大会が多い中、交通・宿泊のキャパの関係もあり、定員はフル・ハーフ合わせて500人というこぢんまりとした規模です。

しかし、会場となる奥尻島に着くと、全島挙げての歓迎ムードに包まれます。
フェリーの島への到着時の大歓待から始まって、レース中は沿道にお住まいの島民の方々から途切れることのない大声援を受け、そして島を離れるときのお見送り。
とてもよい雰囲気の大会で、今年も是非出ようと決めていました。

札幌から参加の私は、大会前日、せたなまで高速バス、せたなからフェリーで奥尻島へ渡る行程を組みました。
(他には、函館に前泊し当日朝に江差経由で奥尻入りするか、函館から飛行機で直行するパターンあり)
普段は閑散としているであろう、せたな行きのバス乗り場。今日はランナーでいっぱいです。
ところが、出発前からいきなりトラブル発生!!
朝8時に出発のはずが、バスが来ません・・・(^^;)
車両故障で30分遅れとのこと。
前途多難な旅の始まりです。
そして到着した代替バスは「千歳空港ライナー」(笑)


2015奥尻6


まさか、千歳から飛行機で送ってくれるわけは・・ないですね。
気を取り直して出発!!
バスの中で、「ひとり出陣式」を執り行いました。


2015奥尻1


せたなからフェリーで奥尻島へ。
約1時間半後に島に着くと、今年も皆様の大歓待を受けました。


2015奥尻2


下船後すかさず、奥尻島のゆるキャラ「うにまる君」と記念撮影!!


2015奥尻3


前夜祭会場へ入り、まずは受付。

ゼッケンは「1070」
・・・イイオンナゼロ!?(笑)

たしかに、チームの女神様たちは、どなたも来ていません。
そもそも今回チームからの参加は私だけでした(^_^;)

間もなく前夜祭開始。
小学生の「よさこい」等による激励を受けながら、「めかぶそば」や「奥尻ワイン」をちょこっといただきつつ、明日のナイスランを誓い合いました。
のちほど、宿での夕食が待っているので、前夜祭での飲食はほどほどに控えます。


2015奥尻4


宿は、エントリー後、事務局の方で振り分けてくれます。
単独でエントリーすると、初対面の方々と相部屋になります。
今回は4人部屋でしたが、まぁ同じランナーです。
すぐに打ち解けて、これまで出た大会の情報交換や出身地の話等をしました。

夕食メニューは「うに・あわびコース」。
今回はどこに泊まってもこの2品が出ることになっています。
私が泊まった「民宿ナッツ」では、「アワビの踊り焼き」を堪能させていただきました(点火されるまで動いていました)!!


2015奥尻7


2015奥尻9


レース当日。
朝起きると既に雨が降り始めていました。
天気予報によると、東風(地元の方は、「やませ」と言っていました)が強く、昼過ぎから雨足が強まり、まとまった量が降るとか??
島に来るまで雨レースになるとは想定していなかったので、かなりテンション下がりました。
でも条件はみな一緒です。
気を取り直して出発準備。
「ムーンライトマラソン」なので、一般的な大会と比べるとスタート時間が遅く、フルは午後3時、ハーフは午後5時のスタートです。
ちょっと早めに昼食を摂った後、ゆっくりと準備できます。

民宿からシャトルバスでスタート会場まで移動。
奥尻島のシンボルのひとつ、鍋釣岩も雨に濡れています。


2015奥尻8


開会式が始まる頃には、雨が本降りになってきました。

フル・ハーフとも、島の東側の海岸線を走ります。
フルは、フェリーターミナル近くの海洋センターをスタート後、北上して12km過ぎで折り返し、その後は海沿いを南下して青苗地区がゴールです。
青苗地区と聞くと、22年前に発生した北海道南西沖地震の津波被害が思い起こされますが、今やすっかり復興を果たしています。

昨年に引き続き、最先頭列からスタート!!
小さい大会だからこそ出来る暴挙です(笑)


2015奥尻5


コース前半には、1箇所、厳しいアップダウンが待ち構えています。
去年は、ここでペースを維持しようと突っ込み過ぎ、ゴールまで脚が持ちませんでした。

最近の大会で、会長から前半抑えた方がいい、とのアドバイスをいただいていたこともあり、このアップダウンは、ペースダウンしたとしても気にせずに、消耗を抑えることにしました。

前半は、このアップダウンに加え、強くなった雨と強烈な向かい風に襲われました。
折り返し後は、逆に強烈な追い風になるはず・・・、と期待しつつひたすらガマンです。
島内の防災放送が時々流れ、「ただいま、先頭ランナーが第○給水所を通過しました」等、動向を伝えてくれます。

中間点を過ぎると、完全に追い風となりました。
脚が重くなってきた代わりに強いフォローの風が背中を押してくれます。
コースも、スタート地点を最初と反対向きで通過したあとは、多少の上り下りはあるものの、ほとんどフラットです。

昨年は、ちょうど民家がなくなり、コースが寂しくなってきたところで、沖にいる漁火を点けたイカ釣り船から、拡声器で「ガンバレよー!!」と声援をいただき、元気づけられましたが、今回は悪天候で残念ながら取り止めとなった模様。
しばらくは岸壁に打ち寄せる激しい波の音を聞きながら淡々と走ります。

やがて民家が増えてきました。
雨の中、「風邪引くんじゃないよ~!」「ほれ、前の人に追いつけるよ!」と声援を送ってくれます。
一時期、かなり脚が重くなりましたが、声援に手を振って応えながら走っているうちに、復活してきました。
大漁旗を物凄い勢いで振って応援してくれるお兄さんもいました。

そうこうしているうちに、ゴールが近付いてきます。
結局、最後まで雨がやむことはありませんでしたが、まだ明るいうちに、フィニッシュゲートをくぐりました。


2015奥尻10


ゴール後、更衣室で着替えていると、午後5時スタートのハーフに出場した川内選手がぶっちぎりの1位でゴールし、更衣室に入ってきました。
そして「どなたかダウンジョグに付き合ってもらえませんか?」と言うので、迷わず「ハイ!」
手を挙げたもう一人の選手と一緒に、何と、川内選手とおしゃべりしながら4kmほどダウンジョグさせていただく、という貴重な経験をすることが出来ました!!
気になるペースは、キロ6分半くらいでした(^_^;)


2015奥尻11


大会の締めは「後夜祭」です。
うに・あわび等の海の幸や奥尻ワインカクテル等を堪能しながらナイスランをたたえ合います。
今回、4度目のサブスリー(2:56:49)で総合5位に入ることが出来ました。
入賞としては凡タイムですが、念願の表彰式です!


2015奥尻12


昨年まで3年間、函館に住んでいたのですが、そのときのラン仲間夫妻(ダンナさんはハーフで総合優勝でした!!)の奥様に撮影していただきました。

ところで、表彰式で、とある女子の入賞選手から、「もしかして山猫さんですか?」と声を掛けられました。
ちょっと残念。でも山猫さん知名度高し!
そのうちマコピーも覚えてネ。

翌朝は早い出発です。
帰りは江差から函館経由で帰ります。
江差行きのフェリーが6時50分発なので、6時前にシャトルバスで宿を出ましたが、今回は宿の方で素晴らしいお弁当を用意してくれました。
賞味期限は「フェリーを降りるまで」とのこと(笑)


2015奥尻14


フェリーに乗り込み、ついに奥尻島とお別れするときが。
スタッフの方々が、ずっと船が見えなくなるまで手を振り続けてお見送りしてくれました。


2015奥尻13


温かい島の雰囲気と海の幸、そしてもちろんマラソンも満喫できるこの大会、来年も是非出たいと思いました。




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。