topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第31回 全日本トライアスロン宮古島大会

宮古島トライアスロンに参加したこいちゃんのレポートです!!



5年ぶりに宮古島トライアスロンに出場しました。

空港でタクシーに自転車をはみだしながら積んでもらいます。

具志堅用高さんのような風貌の運転手が話かけてきます。


運転手「高いものだから大事に運ばなくてはいけないね。」

私「いいですよ。そんなに気にしませんから。」

運転手「だったらトランクをガッコンガッコンしながら運転しようね。ハハハ。」


ゆるーい島の会話がさっそく気持ちを和ませてくれます。

そして、5年ぶりに食べた宮古そばが胃袋をほぐしてくれます。

城辺にある「んまやー」というそば屋です。


2015宮古島1
【写真】 宮古そば


宮古島はこの時期、トライアスロン一色になります。

こうしたなか、北海道のアスリートを応援する会もあります。

通称「どさんこ会」。
毎年、美味しい料理と賑やかな歌三線で歓迎してくれます。


2015宮古島2
【写真】 どさんこ会


今回の宿泊先は「かたあきの里」です。

赤瓦屋根の伝統住宅をモデルにした一軒貸しの宿です。

郊外にある宿はとても静かで、木々の間をざわわと吹き抜ける風や、アカショウビンの鳴き声、ヤモリのチッチッという音を聴きながらのんびりと過ごしました。


2015宮古島3
【写真】 かたあきの里


大会当日は強い潮の流れのためスイムは中止。

ラン、バイク、ランのデュアスロンとなりました。


今年の注目は開通したばかりの伊良部大橋。

長さ3540m、高さ27mとアスリートの挑戦心をくすぐる橋です。


2015宮古島4


大会アナウンスによると風速14mの強風が吹き荒れているとのこと。

横風に吹き飛ばされそうになりましたが、この橋を渡るだけでも価値があります。


2015宮古島5


バイクは157km。

宮古島をぐるっと一周して伊良部島、池間島、来間島を巡ります。

南国の生命力ある自然から力をもらいます。


2015宮古島6


しかし、向かい風のバイクは想像以上に筋肉と内臓を消耗させました。

最後のフルマラソンに入って脚が思うように動きません。


2kmおきのエイドステーションで子供たちの連携プレーに助けられました。

手前にいる子供に「コーラ」と声をかけると、「コーラー」と伝言リレーを行い、テントにいる子供が用意して渡してくれます。

沿道で小さな女の子にもらったラムネが美味しかったなあ。


沿道からはワイドーの声。

ワイドー、タンディガータンディ、アララガマ。

宮古方言には沖縄本島や八重山とも違う力強い響きがあります。

下地勇さんの歌、「アタラカの星」「おばぁ」などをぜひ聴いてみてください。


練習不足で苦しいレースでしたが、沖縄、北海道、関西の多くの仲間とエール交換を行って元気をもらい何とか100位以内でフィニッシュできました。


2015宮古島7


2015宮古島8


久しぶりの参加でしたが、やっぱり宮古島トライアスロンは最高です。

宮古島の風を感じながら、島の人に支えられて、仲間や家族の応援を受けて、自分の身体の力を最大限に発揮する。

人生において大事なことは何か。その答えがつまっています。


ぜひ、来年いっしょに参加しましょう。

それまで待てない方は6月にツールド宮古島がありますよ。




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。