topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第6回 横浜国際女子マラソン

横浜国際女子マラソンに参加したもずくちゃんのレポートです!!



今年で3度目の参加。

ご存知の方も多いと思いますが、今回で最後の開催となってしまいました。
にも関わらず、今回のレースプランは。。。「次回のために全力出さない」
「最初の5Kmは21分台で抑える」
「1時間29分台で中間点通過。で、サブスリー」。。。という、超スリリングなプラン。

コース走ったことないくせによく言うよ(´Д` )←コーチに心の中で文句言ってました。

でも本命レースじゃないのなら♪ってことで。

レース前夜は、中華街で時間無制限の点心食べ放題&ホテル戻って1番搾り。フツーに観光(笑)
国際前夜にビールなんて、どっかで自信なかったからかもしれないですね。言い訳作り。というのも、北海道マラソン以来、なかなか調子が戻らず。

地元のレースも、あれダメこれダメと棄権を下され、レース目白押しである9月は出場ゼロ。

10月の札幌ハーフや本番2週間前の帯広ハーフでまずまず走れたものの、完全には本調子ではなかったような日々の練習も、週イチでロングやったくらい。
レース3週間前の真駒内公園30km走は、ほぼサブスリーペースでこなせたものの、体重が昨年より3kg増え。
3日前の最終刺激5000mでは、キロ4でも体が重くて限界。
これだけダメ要素が揃ってたので、当日朝もレースの緊張感まるでなし。


20141116横浜1


最後の開催って事で、アップもそこそこに、整列時間直前まで写真撮ってたり。
スタート時の気温は14℃。ほぼ無風。
言い訳できないベストコンディション。

前方からのスタートでしたが、我が道を貫きます。
5Km通過タイムは21:02
今回は我ながらいいペースメイク(前回は突っ込み過ぎの20:17)


20141116横浜7


20141116横浜3


早速、集団にも乗れずに無人状態の首都高高架下へ。
実業団の監督らしき人がポツリポツリいたくらい。

「あ、え、い、う、え、お、あ、お」リズムを乱さないように表情筋を鍛えながら走ってみる。
そのおかげもあってか、次の5Km通過も21:09。

その後も余裕度をキープさせるために、お店の窓ガラスでフォームチェックするわ、つぼってぃ監督のカメラに向けてVサインするわ。
この頃はかなり調子に乗ってました。


20141116横浜5


中間点通過は1:29:22
予定通り。

後半これで持つのか?再び山下公園前へ。
昨年は難所だった、ドン・キホーテ前。
ここの上り坂も今年は若干ラクにイケました。

神奈川県庁を一周し、2回目の周回へ。
真駒内外周とは全然違うね。。。と、ここのあたりでまちゃるさん!なんでここに!?
びっくりして、思わずむせました(笑)


20141116横浜9


30Km地点通過は2時間07分台
サブスリーには厳しいと言われるタイム。
脚はかなり残ってる状態。
失速の焦りはありませんでした。
逆に、終盤のためにまだまだ消費しないように徹しました。


20141116横浜8


第二折返地点。
いよいよ疲れかける時。
すれ違うランナー同士が無言で手を上げ合ったり、引っ張り役を無言で交代し合ったり。
この連帯感が味わえるのも国際大会ならでは。
ここでは選手同士はライバルではなく、仲間。

そしていよいよ、みなとみらい地区へ。
今回は試走しておいたおかげか、失速も怖くなかったです。
この辺りになると前も後ろも選手がおらず、どこで曲がっていいのか迷ってしまう。
高層ビルが立ち並ぶ、美しい景観のみなとみらい。
失速しかけると、これらが全て魔物に見えるんですよね。

これまでのロング走、36Km以上やらなかったからなあ。。。
日産やゼロックスの本社ビルが見えたら、いよいよスパート!
パシフィコ横浜を通過すれば、後は山下公園へ向かうだけ!
しかしパシフィコ、どんだけでかいんだ。

距離長すぎ残り3キロで、再びつぼってぃ監督。
ゲキもらえたおかげでなんとか奮起。

しかし、40Km通過タイムは2時間50分を余裕でオーバー。
本来ならば終わってるタイム。
でも自分は、前回のラップを頭に叩き込んでいました。
昨年も同じくらいの通過タイム。
残り2.195Kmは10:00かかった。
フィニッシュは20秒逃してた。
一昨年の横浜もそう。
今年の北海道マラソンもそう。
いっつもそう。

今回は負け癖をぶっ潰す!!
ただしここからは、一歩でもペース落ちたらそこで終了。

山下公園内に入り、最後のコーナー。
電光時計は58分台。
サングラス外してみました!

フィニッシュまで200mのストレート。
本当はもっと上げる脚はありました!けど、これ以上上げたら胸焼けが電光時計前で脚を止めたら。。。
フィニッシュ地点はその先だった今度こそフィニッシュ!
あっぶねえ~!なレースでした(笑)

過去2回は
第4回→3:00:15(54位)
第5回→3:00:19(37位)

そして今回。
5km地点-0:21:02
10km地点-0:42:06(21:04)
15km地点-1:03:15(21:09)
20km地点-1:24:43(21:28)
中間地点-1:29:22
25km地点-1:45:43(21:00)
30km地点-2:07:18(21:35)
35km地点-2:28:51(21:33)
40km地点-2:50:17(21:26)
フィニッシュ地点 2:59:35(9:18)第49位

最後の開催でやっとサブスリー出せました。

過去2回は、沿道から落胆の悲鳴をいやって言うほど浴び、ベンチからも立ち上がれず、抑えても抑えても涙が止まりませんでした。
今回は、ベスト更新には程遠かったけれど、スピ練入れずにイーブンでまとめられたのは、とても自信につながりました。けど、終始イーブンは心身によろしくないですね(笑)


20141116横浜4


これで6回目のサブスリー達成。
けど、横浜国際はもう終わっちゃったんだ。
もうここでは走れないんだ。
完走タオルをかけてもらった後、ただただずっと、海辺に映えたフィニッシュラインを眺め続けていました。

TV中継では「高低差も他の大会と比べて非常に少なく、記録が出やすいコース」などと言われていました。
しかし実際は、1周回の中だけで緩やかな長い上り下りの繰り返し。
これを3回繰り返すとなると。。
相当脚を残しておかないと後半で予想以上に泣きを見てしまう、鬼門のコースなのでした。(3度目にしてやっと学習しました)

応援は盛大とは言えないものの、コースを熟知されてる方が多く「ここは抑えて!まだ残して!」など、冷静なアドバイスを含めた応援が多く、それが大変有難かったです。

パーティは東急ベイホテル(旧パンパシ)で。
今回のミーハーショットは野尻さんと☆
かっこいい走りでした!
話しかけてくれた選手に一人一人、お菓子を配っていた野尻さん。
アスリートなら自分のことでいっぱいいっぱいなのに。心遣いに感動しました。


20141116横浜6


今回最後ということで、歴代の優勝選手も。


20141116横浜10


また、第1回目から全て走られた選手ということで、藤澤舞さんも段上へ。


ご褒美は、横浜らしいお店をチョイスしてもらっての打ち上げ&今年も宿泊先ホテルからの夜景。


20141116横浜2


翌日は、みなとみらい地区のコースをもう一度朝ランで振り返り、エイドは中華街で朝がゆ。
2600円相当する参加賞の温泉入浴券で汗を流し、鎌倉観光。
由比ヶ浜を眺めながらのシラス丼。
今回のレースプランのおかげで、弾丸ツアーも余裕度を残してこなせました(笑)
思い残すことないくらい。

20141116横浜11


もうここに訪れることはないのかな。
大阪や名古屋にはない関門設定とか3時間15分きっかりで強制終了するとことか、即座に撤収するあたりとか。。。とてもシビアなところが横浜らしい色気でもあり、美しい舞台だと思いました。
こんな舞台を走ることができたのも、主催者やスポンサー企業が育て上げてくれたからこそ。

終了はとても残念だけれど、これも時代の流れなのでしょうね。

横浜国際女子マラソン、とても素敵な大会でした。
今までありがとうございました!




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。