topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第24回 宮古島100kmワイドーマラソン大会

宮古島100kmワイドーマラソンに参加したあっくんのレポートです!



1月12日「宮古島100kmワイドーマラソン」に参加してきました。

前日移動で、名古屋、那覇を経由して宮古空港へ。

宮古へ到着し、まずは代理受付を頼んでいたチーム「ぷっ」から参戦の友人夫婦と合流。

その友人つながりで沖縄のアミノバリューチームのみなさんに食事に誘われましたので、お言葉に甘えてご一緒させていたただき、沖縄料理でカーボローディング。

ただ、その食事というのが食べ飲み放題だったこともあり、ついつい食べ過ぎてしまい、これが後々に後悔することになります。

レース当日の3時(というか夜中ですね)に、宿泊したホテルの近くから無料送迎バスが出ていたので、そのバスを利用し、スタート地点のドイツ文化村へ移動しました。


20140112宮古島2


最終受付(なぜか右腕に夜光性のリングを装着させられる)をし、荷物を預け、トイレも済ませて準備は完了です。

今回は沖縄でのレースということで、チームちんすこうとのコラボTシャツでの参戦です。

スタート前にチームちんすこうのメンバーともお会いすることができ、がんばりましょうと完走を誓い合いました。


20140112宮古島8


スタート時の気温は18度と札幌との気温差は約25度(笑)

目標はレースを楽しむことと、もちろん完走すること。

しかし、不安要素もたくさんありました。

・レース2日前から風邪気味に

・雪かきによる腰痛

・9月以降、30km以上のロングは2本しか走っていない。

・この1週間は多忙でランはもちろん運動すらまったくできず。

さらに、一緒に行った友人を完走させることも今回のミッションです。

さてどうなることやら・・・

そして、ついに5時の号砲とともに100㎞の長旅がはじまってしまいました。


スタート~15km

真っ暗で何も見えないので、前を行くランナーを見失わないように走りました。

夜光の腕輪を装着させられたことに納得(笑)

あとあと聞きましたがコースを間違えたランナーもいたようです。


15~30km

7時くらいから明るくなり、景色を楽しみながらのレースへ。

サトウキビ畑など南国らしい景色を堪能しました。

目に映る景色はすべて新鮮でした。


30~45km

楽しみにしていた海が見え始めます。

約37km地点の池間大橋から見た海がきれいで感動です。


20140112宮古島1


20140112宮古島6


池間島で42.195kmを通過しウルトラの世界へ。


20140112宮古島4

まだまだ先は長い。


45~60km

50㎞のエイドステーションに到着し、ぜんざい、パンなどでエネルギー補給をしながらしばし休憩しました。

ここまで6時間15分とほぼ予定通り。

この辺りからリタイヤする人がけっこう出始めたようです。


60~95㎞

60㎞からゴールまでの40㎞は、とにかくアップダウンばかり。

行けども行けども上っては下っての繰り返しでした。

平地が2割もあっただろうか?

79~84kmの東平安名崎を折り返すコースは、サロマのワッカを思わせるなかなか良い景観でした。

20140112宮古島3



95~100㎞

残り5㎞で制限時間まで55分。もう完走は間違いないと確信!

あとはのんびりゴールを目指すのみです。

残り3km地点くらいですっかり陽が沈み、辺りは暗くなってしまいました。


ゴール

ゴール地点のドイツ文化村の入り口に到着。

「ゼッケン19番、北海道から参加の千代章さん、おかえりなさーい」と迎えられて、赤い絨毯とライトアップされたビクトリーロードを通りフィニッシュ!!

20140112宮古島5


結果は、13時間52分37秒で、全体の399位でした。

参加者616人中、完走は432人(完走率は約70%)だったようです。

レース後のダメージとしては、左足の中指の爪がお亡くなりになりました。

あとは、練習不足による筋肉痛が少々ありましたが、2日ほどで回復しました。

なんか不安要素をたくさんあげていたけど、難なく完走しちゃいましたね(笑)

その他、雑感を少し。

陽が沈んでからのゴールはライトアップされていて、主役になった気分でした。

この大会のゼッケンは北海道から順に割り振られるので、ゼッケン番号(若いゼッケン番号)で、北海道のランナーということがわかります。なので、多くの方から「北海道からようこそ」とか「北海道がんばれー」と声をかけてもらえて、お得感いっぱいでした。

前日夜に食べ過ぎたせいで、レース中は最初から最後まで胸焼けして気持ち悪かったです(笑)

9時スタートならともかく、5時スタートなので考えて食べなくちゃですね。


「ワイドー」とは、宮古の言葉で「がんばれ」という意味だそうで、ワイドーワイドーと声をかけてもらえます。

エイドにぜんざいやサーターアンダギー、ちんすこうなど沖縄ならではの給食がありました。
また、5km毎にコーラがあったのもうれしかったですね

レース中に裸足のランナーを見かけてびっくりしました。しかも2人もいました。

こんなところかな?


宮古島ワイドーは、暖かいし、景色は綺麗だし、エイドは充実しているし、ランナー同士で声を掛け合うなど、温かみのあるほんと素敵な大会でした。

コースはきついけど、制限時間が14時間ので、サロマを完走できた人なら宮古島ワイドーも完走できます!

もし、チャンスがあれば是非参加してほしいレースですね。

私もいつかまた走りに行こうと思います。


20140112宮古島7



ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。