topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第2回Gokibiru Trail 30K (濃昼トレイル30K)

濃昼トレイル30Kにまちゃるさんが参加しました!



このレースは豊かな自然を誇る石狩市の濃昼山道を舞台に、海岸沿いの美しいシングルトラックコースの大部分を占めるコースです。
大雪山ほどアップダウンも無くと標高も大雪山1800mに対して濃昼峠357m。
体重5kg増の私でも完走できる紅葉と海のコントラストの美しいコースでした。

週末から台風の影響で前日の夜は大雨、明日もこの天候だと大変だなと思い明日の準備をしておりました。

7時に受け付け開始、8時30分スタート。

自宅からよく行く石狩のゴルフ場にも近く約35km1時間くらいで到着しました。
会場に向かうまではまだ大雨が降っていて車が強風でハンドルを取られるくらい風も強く、山で遭難したらどうしようと思うくらい天候は最悪でした。
しかし会場の厚田スポーツセンターに到着すると雨は止んでいました。


受付を済ませゼッケン、参加賞の地元のどら焼きと2種類の最中(白あんと粒あんの二個入り)とチョコレート、厚田産蕎麦の無料券頂きました。

8時30分ラッパ?ホーンの合図とともに厚田公園スタートです。
いきなりスキー場を登って行く。

濃昼トレイル30K20131027-5

このコースもまたハードなのか?
山頂の恋人の聖地で記念撮影し公園内を下っていく。

前半はカメラマンに徹し、美しい紅葉や石狩の自然を激写しながらゆっくりとスタート。

途中で京谷さんがビデオカメラを片手に参加していました。
盤渓にも参加されていて、もうトレイルはこりごりだと言っていたのに、わたしもトレイルはこりごりと思っていたのに、人間は誰しも野生に帰りたいと言う本能が働くらしい!?

濃昼トレイル30K20131027-4


丁度海岸から山道に入る手前で海から綺麗な虹が出ていました。
それもDOUBLE RAINBOWでした。
これだけでも今回参加して良かったと思う程美しい虹でした。

山道に入り同じペースの十数人が列をなしシングルトラックを丁度良いペースで進んでいく。
離されないように上り坂もついていく。

突然現れた小川!
なんと橋がありません。

濃昼トレイル30K20131027-3


えっ!ここを渡るの?
残念ながら水没するしかありません。
計10か所の川を渡ります。
(水没するところは往復2回だけです)

折り返し地点の手前の上り坂が一番きつく、ここはみんなで歩いて行進でした。

折り返し地点でリボンナポリン美味しかったです!
足裏を伸ばしをしていると地元のおばあさんが出てきて「大丈夫かい?」と少しお話しして癒されました。
残り14kmです。

最後の登りを歩き切ると一番美しい山頂です。
ここで記念撮影してあとは下るだけ。
さすがに下りでも太ももが痛くなりヨロヨロと転ばないように下り続ける。

27km地点やっと山道が終わりホッとしました。
残り3km、動かなくなった足を最後の力を振り絞って何とかゴールへ!

濃昼トレイル30K20131027-2


地元の温かい蕎麦を頂きました。
本当に美味しかったです!

抽選会も大変良いものが当たりました。

山道の整備この大会の準備から運営まで北海道トレイルランニングクラブの皆様に感謝いたします。

参加された皆様の日頃の行いが良かったせいか天気も回復し、楽しく30kmを走ることが出来ました。


濃昼トレイル30K20131027-1




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪






スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。