topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第1回 大雪山ウルトラトレイル

大雪山ウルトラトレイル【白滝天狗トレイル36km】にメンバー7名で参加しました。
以下、しんちゃんのレポートです~



朝3時半に迎えをお願いしていたので、なかなか寝付けず睡眠時間は夕方の仮眠90分と22時~23時半の90分(笑)

予定より1時間早く会場に着いて、スタートまでのんびりすることが出来ました。
とにかく…暑いし虫が多く、何と言っても眠たい(笑)


2013大雪5


スタート時間となり9時号砲

2013大雪4
【写真】スタート地点

いきなり飛び出されたランナー1名。そのまま独走されました。
自分は2番手で気ままに走り、15.8㎞の第1エイドで給水していざ登山道へ。

2013大雪2

2013大雪9


そこで待ち受けていたものは…雪解け水、虫、
そして100m近くありそうな残雪コース。

2013大雪7

3歩進んでは滑って転げ落ちるところでした。
登りも降りもド素人なので、余計なタイムロスがかなりあり、2人に抜かれました。

2013大雪3
【写真】18.4km 第1関門


上の方へ行くと、景色がキレイだったので何度か立ち止まって撮影してました。
折り返しの山頂でも数分止まって撮影したり、大会スタッフの方と話したり、 レースのことを一瞬忘れてました。でも、たまにはこんな気持ちになるのも悪くありませんでした。

2013大雪8

2013大雪6

2013大雪11


第2エイドの25.8㎞地点を過ぎ、残り9㎞の地点へ到達したところで、用意していた給水を全て使い切り、無補給の時間がスタート(笑)
これも自己責任。
感覚として行けそうだったのでそんなに心配はしませんでしたが。

しかし、その直後に拷問のような登りが待ち受けていて、それにはかなり堪えました
立ち止まりそうになりながらも何とか喰いしばって上へ上へと進み、上がった直後にチェックポイント。
残り7㎞。

2013大雪1

少し前を行くランナーの方が、後ろ向きで降りてる姿を見て「ん?」と思いましたが、鎖で出来たはしごで降りてました

臆病な自分は恐る恐る脚を降ろしていき、何とか乗り切ったものの、下りで足を捻ったり、止まらなくて転げ落ちそうになったところで枝に引っ掛かり命拾いしたり、非日常的な時間を短時間で満喫しました

そして残り約5㎞となってスキー場を一気に降ります。

2013大雪10
【写真】スキー場


石ころばかりで痛かった記憶しかありません・・・

残り3㎞くらいになって坂も緩やかになったので、少しずつペースアップ。

そして5時間を超えたところでようやくゴール。

スタート前は4時間くらいで帰れるだろうと甘い考えを持ってましたが、予想を遥かに超える辛さでした。

それでも、いつ間にか2位だったらしく、トレイル用のバッグとウエストポーチを貰えました

参加費は取り戻せたようです

それにしても、今の自分に36㎞は長すぎました。
もう少し短い距離ならまた出てみようと思いますが、30㎞以上はちょっと受け付けません(笑)

出るなら登りや降りの走り方を学習してから再挑戦します。

今回は初挑戦だったので、無事に戻ってこれたこと、そしてチームメンバー全員がケガなく制限時間内にゴール出来たことが何よりも良かったです。

大会スタッフの皆さんには大変お世話になりました。

ありがとうございました。



ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪


スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。