topentry tag must closetopentry tag must close">

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第1回 42.195kmリレーマラソンINモエレ沼公園

42.195kmリレーマラソンINモエレ沼公園に参加したしばさんのレポートです~



第一回となるこの大会、フルマラソンをタスキを繋いでチームで走るというのがルール。

実際には1周1,680mの距離を25周プラス195mを走るチーム戦です。

今回はSRC904とSWAC同好会からKENさん、力(ちから)君。
そして、サロマで不在のチタン監督の代わりにニコちゃんを監督に迎え、「うさたん904+」というスペシャルなチームで臨みます。

部門は男女混合

作戦は・・・

1周交代で

<前半>
うさたん、しば、もずくちゃん、美和ちゃんで
4人×3周=12周

<後半>
そして、強力な3人
KENさん、力君、しんちゃんで
3人×3周=9周

残り4周は体力の残っている者をニコちゃん監督が指名。
指名には逆らえないという作戦(笑)

さて、結果はどうなることか。
応援には、ヤマエミさん、新玉さん、そして最後には北広島の30キロを終えたヒロシさんも駆けつけてくれました。

まずは、メンバーでコースを1周下見です。
モエレ沼特有の風が強く、また、前半はだらだらと登り、後半は急激な下り。
周回コースのくせに途中、ヘアピン立ち上げりからの急なコーナーと割とテクニカルなコース。

チャリンコレースなら転倒者続出です。

この日は朝5時からサロマを走る仲間の通過LAPを確認することで朝から慌しく、あっという間にスタートの時間。

スタートは 「904の暴走機関車」ウサタン
スタートも誰よりも早く、15分前から並びます。

足にはくるぶし丈の特殊ゲイターを装着(笑)

一般人が見ると、単なる「グレーのおやじソックス」なのですが、うさたんが履くとスタートから300Mだけブーストがかかるという代物。
ブランドはミズノらしいです。

僕らもウサタンの独走を期待したのですが、号砲がなると、速い、速い。

スタートしたウサタンも
「え、嘘だろ?俺の暴走が通用しない・・だと。」といった表情で、目が泳いでいます。

凄まじいトップランナーのつばぜり合い。

ウサタンは85チーム中、10番前後で帰ってきてくれました。
1周 5分45秒 えらく速いです。

2走は
「904の汗かき王」しば

今シーズン当初から、入念にシンスプリントをアピールし続け、遅かった時の言い訳は完璧に準備してきました(笑)

2走になると周りのチームは総合力が落ちます。
先行するチームも明らかに遅い。

3、4人かわして、タスキもぐっしょり。。
5分50秒くらいでしたか。

3走「904の美女ガー」こと、もずくちゃん。
女子でこの人を出すのは反則でしょう。

男子並みのスピード、そして、レレレのおじさん宜しく驚愕のピッチ走法で、足が見えない(笑)

女子とは思えないタイムで帰ってきます。6分25秒?

4走「904のアイドル?」美和ちゃん。
長身で目立つためか、やたらとポスターやら写真に撮られる。

もずくちゃんとは対照的に大きなストライドで前を追います。
僕は彼女の走りを見ると、FFのチョコボって、あんな感じなんだろうなといつも思います。

テッテテ テテテテ テッテッテー♪

でも、ウチのチョコボは鬼コーチしんちゃんに先導されて、モエレ沼公園引き回しの刑です。

コーチは前のチームじゃなくて、前の前のチームを「白いユニに追いつけ!」と檄を飛ばします。

はたから見てると、前のチームが無視されているようで、かわいそう(笑)

そんな檄もあってか、美和ちゃんも6分30秒くらい。
うちの女子は最強でした。

そんなこんなで一巡目が終わり。

正直、もう、走りたくない(笑)

重くなるタスキ、遅くなるタイム。

すぐまわってくる次の順番。すぐ逃げ出そうとするチョコボ。

2周目からは皆、6分30秒前後のタイム。

トップを行く札幌医大陸上部にみるみる離されますが、それでも、4人組終了時点で総合6位でタスキを「Aチーム」に渡します。

Aチーム 一番手はKENさん。
今日は朝から、昔はまったというエアロビクスを大空の下でできたせいか、ノリノリです。

もう、1周目なんか爽やかにガッツポーズまで見せてくれる!余裕で5分30秒を切っていきます。

速っ!

この頃は「男女混合」の1位取れるんじゃないか?くらいに思っていたのですが、総合の5位へと上がっていきます。

2番手 力君にタスキを繋ぎ、
力君、名前の通り、力強い走りで前を猛追。
走るたんびに、差を詰めてきます。

Aチーム 強い。

3番手「調教師」しんちゃんの出番です。
ガチです。走る前、あまり、しゃべらなくなります。

えらく速いです。自分でも距離短いんじゃない?って疑うほどのスピードが出てます。

でも、おじいちゃんなので、走るたんびにむせてます。

この3人の快走を見て、ウサタンが呟き出します。
最初は気にも留めてなかったのですが
「・・うびょう、さん・・のさが・・・びょ・・」

なんかの呪文かと思ったのですが
「・・秒、3位との差が・・・秒」と呟いてるのです。

そう、いつの間にか3位が狙える位置まで来てるのです。

残り4周、力のある3人で3周。

だが、3人で回しているだけにインターバル10分で全力疾走を繰り返している。

どうしても一人、ワンポイントで走らなければならない。

ニコちゃん監督の指名は「4人で話し合いなさい」

皆「おーい!」

ニコ「4人で殴り合いで決めなさい(笑)」

ウサタン「俺、記録係」

もずく「女を走らせようなんて、どうかしてるんじゃないの?」

チョコボ「3周でも嫌だったのに」

て訳で、僕が繋ぎです。

もう、必死で走りました。
この日2番目に速いタイム。

ずっしりと重くなったタスキをまた、KENちゃんへ。
これが襷の重みです。

いいえ、僕の汗です。

KENちゃんが差を詰める。
最後は余裕のガッツポーズも出ないほどのマジ走り。

いつの間にか4位に上がり、力くんへ。

力くん、前が見えてます。

前は3位。

しんちゃんに襷を渡し、戻ってきて「あと10秒だ!」

そう、残り1周で10秒差まで詰めてくれたんです。

あとはしんちゃん、100M過ぎたくらいで前を捉えます。

向こうも簡単には譲りません。100Mくらい競ったといいます。

そして、公園の向こう側へ。
僕らはゴール地点へ移動。

1位のチームが既にゴールしてきます。
少し、遅れて2位もゴール。

次はNo.22「左前オデッセイ」さんかウチか。

少し、前に見に行っていたKENさんが叫びます。
最後の立ち上がりの直線の先に

「しんちゃんだ!」

仲間に伝えます。駆け寄る仲間たち。
最後の声援をしんちゃんに送ります。

追いかけることもできないくらいの速さでしんちゃんが駆け抜けていきます。

2時間30分52秒 3位でゴール

1キロ辺り平均3分30秒台のペースで駆け抜けたというタイム。
女子二人もいて。

左前オデッセイさんも少し、遅れてゴール。
男性とはいえ、5人で回したとの事。
少ない人数で凄い・・・。

僕は生まれて初めての表彰台でした。
モエレの青い空は凄い気持ちが良かった。

20130630モエレ1

少し、高いところから見る景色。
いいもんですね。マラソン関係での表彰台は一生無いと思ってたけど、
凄いメンバーとともに登ることができました。

賞品も驚くほどいっぱい。
チームで欲しかったテントまでGET!

20130630モエレ2


夜は打ち上げで盛り上がりました!
楽しい一日に感謝です。

20130630モエレ3



ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪



スポンサーサイト

■コメント

■Re:第1回 42.195kmリレーマラソンINモエレ沼公園 [ドSじゃない鬼コーチ]

お疲れさまでした!公の場で読んでいたら、何度も吹き出しそうになりました(笑)

最近、ドSコーチとか、鬼コーチとか呼ばれておりますが、
めちゃめちゃ甘いと自負しております。
これからは、自分にも人にも厳しくいきたいと思います。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。