■2015年11月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第35回 つくばマラソン

つくばマラソンに参加したマコピーのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




11月22日、第35回つくばマラソンに参加してきました。
つくばに出るのは今回で5回目。
私にとっては、2年前に「初サブスリー」を達成した、思い出の大会でもあります。

参加者1万5千人規模のメガ大会の一つであり、過去には「トイレ問題」(スタート前に長蛇の列が出来、号砲に間に合わない選手が続出した)等もありましたが、ほぼフラットなコース設定、ほどよい気候、会場までのアクセスの良さ、と私的には好条件が揃っていて、クリック合戦の「0次関門」を無事突破後は、今年の勝負レースと位置付けて調整してきました。

フルに向けての調整法は、まさに百人百様ですが、私の場合、準備期間での「幹」となる1週間のメニューは、「30kmペース走(4'30/km)」「翌日の3時間LSD(7'00/km)」「2~3日空けて、10~15kmの速めペース走(3'50~4'10)」の3種類のポイント練習プラス、残りの日を会社から家までの帰宅ラン(12~17kmのjog)でつなぐのが基本パターンで、これを何度か回しています。
今回は、速めペース走のところに、「1000m×7・レスト200m」のインターバル走も入れてみました。

ところが、スタートラインに立つ前に手続きミス発覚!!
陸連登録のAブロックからスタートするには、3時間半未満のグロスタイムを持っていることと、その記録証コピーの事前送付が必要でしたが、なんと送付を失念!!
2年前のつくばの記録で申請したので、出場大会の過去記録なら許してくれないかな~?との淡い期待もむなしく、届いたゼッケン番号は「B・2377」。。一般選手ブロックになってしまいました。

なお今回、国内初の試みとして「ウェーブスタート」が採り入れられました。
9:00、9:10、9:20と、10分刻みで3つのグループに分かれてスタートし、自分のグループのスタート時刻からがグロスタイムとなります。
後方のブロックの選手は、相当のスタートロス軽減が見込まれますが、BブロックはAブロックと同じ9:00スタートなので、特に恩恵なし。いっそのことCブロックの先頭スタートの方が良かったかも?
ウェーブスタート導入と聞いて、5分刻みとかでもっと細かいブロック分けを想像していたので、少々がっかりでした。
まぁ初回のトライアルなのでしょうがないですね。

この手続きミスで、自己ベスト(2:56:49)の更新は難しく思われたので、今回は前半から攻めるレース展開を試してみることにしました。
今年に入ってから、前半を抑え気味に走るレースが続き、それなりの結果も出ているのですが、色々試さないことには分からないこともあります。今回はスタートから行けるとこまで4'05/kmくらいで押してみようと決めました。(これまでの前半レースペースは、4'10くらい)

レース直前は、今流行りの「ルーティン」と,ポジティブ情報の刷り込みで、自信を付けるに限ります。
レース1週間前から,毎回の決まった練習メニューを「儀式」としてこなし、出発前日に届いた某メルマガを見ていると、フルのタイムの予測値として「ハーフのタイム×2.08~2.09」とあり、当てはめると2時間52~3分台。可能性はある!と思えてきました。

さて当日。会場に着くと,つくば市のキャラクターである、宇宙飛行士型ふくろうロボット「フックン船長」が迎えてくれました。


20151122-7


今日はチームの人もさすがに誰も観に来てないだろうと思っていたら、東京に長期出張中のあっくんが電車で1時間以上かけてサプライズ登場!!
レース前の緊張が少し和らぎました。ブログ用の写真も撮っていただけそうです(笑)


20151122-1


早めにスタート地点へ行き、Bブロックの先頭列に並びました。が、前方にはAブロックの選手が約2千人。走路も広くはないので、スタートロスに加えて、スタート後の渋滞も予想されます。なお、私と同じ頃並びに来たAさん(Aブロック)は、先頭列だったそうです(笑)


20151122-5

スタート時刻が近付きますが、Bブロックの先頭付近に誘導係員の姿はなく(どうせ一般選手扱いですから~笑)、Aブロックの最後尾との間にかなり間が空いていました。スタート2分前になっても前方に詰めよとの指示や誘導はなく、周りの人と、「そろそろ前に詰めましょうか?」と話して、自主的に前方へ移動。

9:00に号砲。スタートロスは40秒。さらに、予想通り渋滞にはまりました。
最初の1kmは4'33。
今日は最初から攻めると決めていたものの、貯金どころか負債を抱えてのスタート。
最初の5kmは21'48。5kmくらいからやっとストレスなく走れるようになりました。
スピード練習の効果か、力を抜いて走っても、4'00/km~4'08/kmくらいのペースを維持。
中間点通過は1:28:19
26分台での通過を予定していましたが、やはりスタートロスと渋滞の分、遅れました。

今年からの新コースに入ります。景色が新鮮!
名物の「ロッキーおじさん」(ラジカセでロッキーのテーマ曲を大音量で流し続け、傍らでランナーを見守っている←特に声援や拍手を送ったりとかはないようです・笑)も、新コースにいました。
30kmに近付いた頃、沿道から「まこぴ~!」の声。つぼってぃさんでした。
あっくんも計17kmのランで複数のポイントに移動、何度も声を掛けていただきました。


20151122-3


35km付近では、高校OBのランナー達の応援で来ていた高校時代の同級生(ウルトラ・トレイル系上位常連の女性です)からの声援も!
いつもなら、30kmや35kmの壁にやられますが、今日は何故か大丈夫。
スピードが落ちません。どんどんランナーを抜いて、気持ちいい!

37kmくらいから、僅かながら「攣り」の前兆を感じましたが、何とか持ちそう。
やがて、函館時代に一緒に走ったり呑んだりしたTさんに追い着きました。
Tさん、ずっと目指してきた初サブスリー達成が、ついに今日こそ間違いなさそうな感じ。
「今日は行けますよ!!」と声を掛けて、さらに前へ。

40km過ぎの、距離は短いけれど最後の難所である激坂もクリア。
時計を見ながらフィニッシュゲートへ。


20151122-4


残念ながら、狙っていた55分台には届きませんでしたが、「崖っぷち、最高!!」、自己ベストを「4秒」更新する「2時間56分45秒」でゴール。


20151122-2


そのままTさんが来るのを待っていると、1分も経たずに来ました!!
57分台の好タイムで初サブスリー達成!!
がっちり握手して健闘を称え合いました。


20151122-6


今回、前半1:28:19、後半1:28:26と、差はなんと7秒!超イーブンでした(笑)
Aブロックスタートだったら55分台が出たかも・・・なんて思いません。
人生にタラレバなし!! 


20151122-9


これで私の今年のレースは終了です。
なお、翌日の大田原マラソンで、かすみさんが「2:50:12」という驚愕のタイムを叩き出しました!
もう私達おじさんがどんなにがんばっても届かない領域に入ってます。。
私はせいぜい2月の別大で、今回達成できなかった「55分」切りを目指してコツコツがんばろうと思います(^_^;)




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ
スポンサーサイト

■金沢マラソン2015

金沢マラソンに参加したひろしさんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




11月15日、第1回金沢マラソンに出場してきました。

金沢に一度行ってみたく、第1回ということもあり、観光も兼ねて参加してきました。
飛行機を乗り継ぎバスで金沢駅に着くと、ランナーばっかりでお祭りムード!
Expoでゼッケンを引換えて、観光がてらスタート地点の下見へ
この時期、金沢は雨が多く雨の中下見。


金沢20156


レース当日も雨の予報だったので、スタートまで雨宿り出来る場所の確認。
確認するとほとんどなく、唯一公園内に1箇所だけありました。
明日は、ここをなんとか陣取るため朝早く出ることを決め準備完了。


金沢20157


レース当日、6時に金沢駅へ、シャトルバスで会場に入り、真っ先に屋根のある場所へ
すでに数人いましたが、無事に場所を確保。
雨も小雨になり、ストレッチ、アップして準備万端スタート地点へ
スタート地点に整列して周りを見ると、みんな厚底のシューズ履いていましたが、速いランナーいないのかなくらいで疑問にも思いませんでした。しかし、この理由がレース後半に判明することに!


金沢20153


スタートセレモニー中、隣にいた地元のランナーから声をかけられ、同じくらいの持ちタイムで目標設定も同じだったので意気投合。お互いにエール交換。
そんな感じで話していたら、大雨に!ポンチョ着てようが関係ないくらいで心が折れる寸前。


金沢20154



いよいよスタート!
序盤は、上り坂。突っ込まないように慎重に抑えることを心がけ、観光名所を回りながら楽しくラン。
坂道も楽に上がれ、上り最後の看板もあり、あとは下りと平坦のはずが、要所要所になかなかの上り。
でもこれくらいは想定内!


金沢20151


20キロ通過も設定通り、スタートロスもなくしてピッタリ通過!
順調と思っていたところ、脚に違和感が!
少し路面の造りが違って、硬いなって思っていましたが、急に来ました。
スタート前に周りのランナーが厚底履いていたのがやっとここで理解できました。
気がついたときには、時すでに遅くで、どうすることもできない。
風も強くなり、もう粘るしかないと。
それでも周りの落ちてくるランナーも沢山いて多分同じ感じなのかと思うと気持ちは少し楽に

金沢では給水所でロボットがあると聞いていたので、こんな状態ならロスしてでもそこで給水しなければと決め、探していると28キロ過ぎに発見!
みんな取っていなかったので取ろうと思ったら、前のランナーに取られ、次に運ばれてくるまで待ちました。
しかも動いているから1回目は取り損ない、2回目でなんとか。
そのほかのエイドには、ケーキやカレー、おにぎりまであって全て
のエイドが充実!給水にはコーラまでありました。
でも自分は、だんだん余裕がなくなり、歩かないことで精一杯。それでも沿道の声援が素晴らしくて、雨の中ずっと途切れない応援に力をもらえました。
特にゴール前の声援は素晴らしく、なんとか無事にゴールすることができました。

大会自体は第1回なので、来年に向けて見直すところもあると思いますが、街全体で盛り上がり素晴らしい大会でした。


金沢20152



ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第5回 神戸マラソン~山猫編

神戸マラソンに参加した山猫さんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪





痛みで目覚め、破裂しそうなくらいに晴れあがった脚が苦しかった昨日のマラソンを思い起し「何とか持ちこたえたな~」とホテルでホットした朝を迎えます。

エントリー後の当選を待ちわび、今年一番の想い出を創るために神戸の街を走ることを楽しみにしてチャレンジャーとして大会を迎えたのですが、スタート後の32キロ地点で限界が!


201511151


阪神・淡路大震災から復興を遂げた異国情緒漂う街「神戸」
震災時の映像を記憶に残し神戸へと向かいます。
今回山猫は神戸マラソンへの参加と、復興した神戸の観光を目的に数日滞在することにしています。そして、いつものように早朝にはランニングシューズに履き替えて観光ランを楽しむために!

大会の前々日に東京から伊丹(大阪国際)空港に降り立ち、バスで三宮まで向かい駅ロッカーに荷物を預けて更にバスを乗り継ぎ向かう先は「神戸マラソンEXPO2015」
EXPO会場は、大会前々日の金曜日とあってまだ人もまばらですが、場所により一大イベントの賑わいで盛り上がっています。


201511152


早々に受け付け済ませてゼッケンと参加賞のTシャツを受け取り、なんとなく500円で記録証明書の申し込みをしてみました。
ちょっとばかり気分高めるために(笑)


EXPO会場では各ブースで様々な催しや物販イベントが行われ、給食の一部などが展示されています。中でもアシックスのコーナーはひときわエリアが大きく他を圧倒しています。


201511154


EXPOを楽しみ、会場を後にしてホテルへと向かいます。が、今夜は勧められた「神戸ビーフ」を食べに三ノ宮で途中下車・・・。も、それなりのお店入っても満員御礼状態で座る隙も無く、急遽予約を明日にして楽しみは後日のお預けとなり足取り重くホテルへと向かいます。


201511155


山猫はホテルが三ノ宮ではなく違う場所だと知り焦り急ぎホテルへと・・・勘違い(笑)
滞在先は、対岸の六甲山系の緑と陽光きらめく神戸ベイを臨む人工島の海上文化都市「六甲アイランド」!計画整備された都市のオシャレで静かな町並みは、一度住んでみたいと思うほど印象深い場所です。
都市を取り囲むように1周5キロ程のラン・ジョグコースが整備されていて、実に快適そのものです。


201511156


先週のフルマラソンで痛めた脚が思わしくなく、今日までまともな走りも出来ずに明日のマラソンのことが不安一杯で落ちつきません。リハビリランは前日の早朝に神戸の空気をいっぱいに吸い込みながら、15キロジョグでゆっくりと脚のご機嫌を伺いリフレッシュ!


201511157


前日は1日市内観光!脚は痛くてもホテルでじっとなんかしていられるわけがありません。三ノ宮を中心に北野異人館街や南京街へと移動します。
夜の神戸ビーフを美味しく食べるためにはお腹を空かせておかないと・・・ね(笑)


201511158


大会当日を迎えSRC904大阪支部メンバーが待つ三ノ宮駅に電車で向かいます。
6時30分、まだ人は少なくランナーもまばらです。
7時を過ぎるとくまごろうちゃん、岡野支部長、池田さんと山東さん、リロさんの女性ランナーと合流!駅周辺がランナーでごった返す中、スタートの神戸市役所前のそれぞれのブロックへと向かいます。
山猫はBブロック、山東さんはDブロックだったかな?他の4人はAブロックへと足早に!


201511159


スタート近くの公園で着替えをおこない手荷物を預けトイレも済ませて・・・。
ブロック前方に並び、ビルの間からヘリが飛び交う空を見上げます。
雨上がりの濡れたアスファルト路面に立っていますが、暑い。風もさえぎられ8時過ぎた朝にすでに20℃を超えています。
北海道との20度の気温差は予想以上の暑さとの戦いに・・・。


2015111510


冷静に、冷静に。目標は・・・? 210分で帰還!
監督には200分と言われたけど。猫舌なので暑さにはメチャ弱いっす!
走ってみなければわからない足の状態が不安。


2015111511


スタート前のセレモニーでは「みんなで咲かせる感謝と友情のひまわり」と題しての、震災からの復興への感謝の気持ちを「ひまわり」をイメージした黄色の手袋で大会に関わる全ての人が一つになり手を上げて花を咲かせます。


2015111512


大会ゲストは有森裕子さんと藤原紀香さんが、スタートとクロージングセレモニーに登場しています。


2015111513


午前9時に三ノ宮市役所前をスタートして元町「大丸前駅」から「南京町長安門」前の龍の舞いの応援を受けながら向かう場所は6キロ付近の「鉄人28号」モニュメンへ・・・。


2015111514


10キロを過ぎてスタートのロスを挽回するためにペースを上げてみます。
足の調子は・・・?すこぶる快調で痛みは無く攻めて行けそうな感じで、あとは暑さ対策だけかな?と、遠くに見える「明石海峡大橋」を目標に!


2015111515


「舞子公園」でいよいよ折り返し20キロ地点を通過して、右手の海上には大漁旗を揚げた漁船の応援が目に映ります。

気温の上昇とともに身体も辛くなり脚の痛みも感じ始めてきました。
30キロ地点ではまだ目標タイム圏内なのですが・・・。暑さがしんどい!
イベントが行われている「ノエビアスタジアム神戸」を横目に通過すると・・・。足に違和感が・・・ついに激痛が走ります!
32キロ地点で痛みの余り、思わず脚を止め沿道へと、ゴールまで残り10キロを耐えられるか不安になるほどの痛みが走るので、とりあえず時間的には歩いてでもゴールはできると計算してここで小休憩!
目標を切り替えてサブ4?いやいや完走?完歩かな(笑)


2015111516


といっても、途切れ無い多くの沿道の応援に長い時間は休んでもいられません。
「・・・大丈夫?」と声をかけられ。「無理はするな~!」と励まされ。前へと進みます。
歩き、走り・・・また歩き、休みを繰り返して・・・。
何とか本当になんとかハーバーランドを通過し浜手バイパスを通りゴール前の登り坂神戸大橋へと向かい歩くランナーに混じり橋上から街並みを見下ろします。


2015111517


そしていよいよポートアイランドに入りますが、長い・・・ゴールまでのあと2キロがとても長く感じます!


2015111518


腰まで痛くなる脚を引きずり何とかFIN!
完走サブ4確保! 3:42:24

「5th Anniversary 神戸マラソン」が・・・終わっちゃいました。 


2015111519


やはり、慣れない3週連続フルマラソンはきつく結果で証明されました。
前回大会のラスト1周コース間違えての激走りが尾を引いています。遅い反省!
30回目のレースは撃沈で終わりましたので、ラストとなるNAHAマラソンは・・観光マラは撤回です。
第31回NAHAマラソンを今年31レース目のシーズンラストランとして頑張ります!
お願いだから暑くならないで~沖縄!(笑)


2015111520


神戸・・・被災から復興、現在に至るまで様々な苦労があったことでしょう。
見渡す感じでは被災したと思えない町並みに驚きました。
大会実行委員及び関係者のみなさま、神戸を楽しませて頂きありがとうございました。
いつの日にかにリベンジため再び神戸に。




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第5回 神戸マラソン

神戸マラソンに参加したくまごろうさんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




神戸マラソンを走ってきました。
昨年に続き2年連続での当選です。
9月末のウルトラで故障して以来の初レース。復帰戦として、果たしてちゃんと走れるかどうか、不安の中でのスタートでした。

神戸前日の土曜日は、仕事の関係で予定に紆余曲折あったものの無事にお昼前に神戸入り。

関西のチームメートとEXPO会場で合流しました。


20151115神戸2


夜はおかのさんと。居酒屋でもつ鍋と雑炊でカーボチャージしておきました。


当日は7時10分に三宮駅改札で神戸を走るメンバーと待ち合せ。
チームからは総勢6名です。


20151115神戸3


こいちゃんとお話しできるのは久しぶり。
大阪マラソンも素晴らしいタイムで完走、調子が良さそうなので、同じようなペースで走れれば・・・とプランを描きます。


スタート50分くらい前、Aブロックの中ほどにメンバー4人で整列。

直前までぱらついていた雨もすっかりやみ、蒸し暑くなりそうな予感。


20151115神戸5


9時スタート。

ロスタイムは17秒。

最近は都市型マラソンでももっと前からスタートすることが多かったから、スタート渋滞に巻き込まれるのも久しぶり。
神戸はAブロックの人数が多くて走力も様々なので、最初はジグザグ走行を余儀なくされます。

そんな中でペースをつかみにくく、前半は余裕のあるペースでいく予定が、大幅に速すぎたり。

なんとかキロ3:55 ~ 4:00に落ちつけて巡航しようとするけど、呼吸にまったく余裕がなく・・・

3㎞くらいでこいちゃんが後ろからきて自分をかわしていくので、とりあえずその後ろに食らいつきます。

10㎞通過は39:36。

そういえば、去年に続き今年も鉄人28号に気が付きませんでした。

呼吸は一向に楽にならず、こいちゃんについていくことが難しくなってきました。

17㎞過ぎで明石大橋手前で折り返し。
折り返してからますますこいちゃんが遠くへ行ってしまい・・・その後ろ姿が見えなくなってきます。

ここから25㎞くらいまでが一番苦しいポイントでした。

20㎞通過は1:19:27、中間点通過は1時間24分くらい。

当初から蒸し暑く、時々陽も照るので、給水場所では入念に水分補給するので、そのロスタイムも大きい。
それでも体が消耗してきます。

ただ、折り返しからチームの女性陣とスライドできて声もかけてもらい、元気を注入してもらえました。

呼吸がやっと落ち着きだしたのは25㎞過ぎ。

なんのことはない、ペースが自然に落ちてきたただけすが(笑)
ここで呼吸が落ち着き始めたことで完走へ向けてのイメージがやっと湧きます。

30㎞通過は2:00:25。

これ以降時計を見るのはやめました。

心肺は余裕がない中でここまできたけど、脚の方はまだまだ平気。

32㎞でこいちゃんに追いつきました。
攻めた結果、脚が終わってしまったとのこと。
一声かけて前に出ました。

35㎞からはコース最大の難所の浜手バイパス、からの神戸大橋。
ビル5階分を一気に駆け上がるとのことだけど、心拍の上がり過ぎないペースを維持しつつ淡々と上りました。

それを超えるとポートアイランドをぐるっと周ります。
先程の上りよりも、ゴールまで4㎞のここが個人的には一番きつい。
ただ去年よりは風が弱かったので助かりました。

40㎞通過は2:42:15。

残り2㎞がとても長い。

残り1㎞はもっともっと長い(笑)

神戸はなぜかラストが異様に長く感じるコースです。なんでかなあ・・・


グロス:2:51:27

ネット:2:51:10


昨年より3分遅いタイムだけど、今日は価値あるレースとなりました。

チームメイトも続々ゴール。

すぐあとにこいちゃんが帰還、脚が終わったと言っても余裕のサブスリー。

岡野さんは・・・ネットはサブスリー、惜しい!!

その他のメンバーも全員完走です。


20151115神戸6


故障した左ふくらはぎはほぼ痛みが無くなったとは言え、この状況でフルを走って一体どうなるか、不安で不安で、ドキドキな中でのスタート前、レース前半でしたが、予想以上の結果に終わることが出来ました。

次のレースは奈良マラソン、神戸の4週間後。

これがシーズン初戦のつもりで、もう少し攻める展開でいきたいです。


20151115神戸1





ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第27回 フルマラソン挑戦会

苫小牧フルマラソン挑戦会に参加した山猫さんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪





北海道でのシーズンオフを前にして42.195キロのフルマラソンを走破する挑戦会として、「苫小牧トライアスロン協会」の下で大会事務局が開催するものです。

今年は「計測用記録タグ」を使用して、完走者には「記録証」を頂ける内容でより大会に近いイベントになっているようです。


20151108苫小牧1


5時間の制限時間が設けられる中、スタート後に2.195キロを走り終えて、1周10Kのコースを4周するコース設定になっています。
挑戦会のため完走を目標に、個々の体力に合わせて10K・20Kで終了し離脱しても問題なく個々にシーズンラストのフルマラソンとして、また、次の大会への調整ランとして・・・。
参加者は様々な理由によりエントリーしているようです。

ちなみに山猫は、北海道内のフルマラソンと名がつく大会のシーズン制覇(笑)と、翌週にエントリーしている神戸マラソンへの調整のためエントリーしました。
とりあえず、1周を55分程度で緩~く走りたいなと。


20151108苫小牧2


前日に札幌入りし、チームから4人の精鋭として挑戦会に挑むことに。
チームは、チタン会長を筆頭に・ヨウコさん・リエちゃん・山猫と何とも締めには相応しいメンバー?
前日から苫小牧の天候がとても気になります。翌日の天気は「雨」!しかも気温が低いため「雪」または、「霙」の可能性が・・・大!
ん~っ。間違いなく過酷な挑戦会になりそうな予感が・・・
困ったな~スノーターサー必要かな?シューズの準備もしていなよな~。
などと降雪予想にテンション下がりまくりです。

ちなみにこの時期は風が強い傾向にあり、一昨年は強風のため中止になった経緯もあります。
会場には屋内施設が無く運営に影響するためだとか。
とりあえず、雨でも雪でも走るしかないとあきらめていますけどね。


20151108苫小牧3


当日の早朝5時にはピカピカ新車で苫小牧へと向かいます。
苫小牧に近づくにつれて曇り気味の天気が雨へと変わり気温は上がる気配も無くどんよりと。
最低でも「雨」!最悪「雪」を覚悟しなければならないコースコンディション!
車内では走る前から「今日は10Kで限界かな・・・?20Kにしよう!」と、消極的発言が。「誰だ~!弱気ランナーは?と言いたいところですが」実は山猫も同感!みたいな(笑)
怪我や事故は避けたいから~と、言い訳探しです。

会場の苫小牧総合運動公園には、雨の中でランナーが受付の順番待ち。
スタートまで車内で待機している様子に寒さが伝わってきています。
外に出ると風が強く吹き付けているため思わず身体も小さくなり・・・あ~寒いっ!
開催するのかな~?と不安げに受付に向かいますが・・・どうやら「決行」です!


20151108苫小牧4


気温1℃!まだ雨の状態でも風が強く体感的にはマイナス気温に感じます。
外に出ると体温奪われるため、ブレーカー・ポンチョ・カッパ・ゴミ袋・・?
走れば暖まりますが、手足や顔は冷たいだろうし、過酷レースは避けられない模様(笑)

受付を済ませて車内では4人がゼッケン付けたり、テーピングしたりと狭い中でゴソゴソ・モゾモゾと(笑)
寒かったら「やーめよ!」・・・まだ言ってるし~(笑)今日の根性無しは誰?


20151108苫小牧5


雨がぽつりぽつりとスタートラインの選手の頭上に落ちてきますが、もう走るしかありません。雨を止めと天を仰いでいるのは・・・誰?(笑)
定員は400名だけど、この天気なので選手の参加は半分くらいかな・・・状態?


20151108苫小牧6


ほんとうの挑戦会の始まりです!
大会事務局の「走り終えてビールを飲むぞ~?」(笑)のかけ声で一斉にスタート!
最初は公園内の「金太郎の池」を1周して、2.195キロを走り終えます。
とりあえずは身体を温めますが、ついつい前を追ってしまします。
前方には「リエちゃん」が!「だめだ~ダメダメ!追っちゃダメ」・・・今日は(笑)


20151108苫小牧7


1周目はコースの感じを掴むためそれなりに 10KのLAPは52分
ちょっと速いかな~
1周の中で8箇所の折り返しポイントがあるため、何度も同じ選手と交差します。
最初は「おつかれさま~」と声をかけますが、そのうちにゼスチャーに変わり、最後はアイコンタクト(笑)そんなもんですよね。


20151108苫小牧8


2周目10KのLAPは54分
徐々に落としていきます!良い感じ。向かい風がきつく感じる場所もありますが、コースは大きな高低差も無くフラットで走りやすい場所です。


20151108苫小牧9


コースにも飽きてきた3周目LAPは56分
雨も小降りになったり、止んだりとあいにくの天気ですが、タイム的には今日の理想に近付きました。後ろにはしっかりヨウコさんも着いてきてくれています!


20151108苫小牧10


順調と思われたところが、4周目の最初の折り返しで悪夢が!
すれ違うヨウコさんから思わぬ一言が・・・。「最後の折り返しを通過していません!」
「えっ~~!」「あっ」「そういえば・・・。」「思い当たります」
無意識に250mほどショートカットしちゃいました。


20151108苫小牧11


瞬時に考える間もなく即逆走ダッシュ!
「山猫さんどした?」のチタン会長の声に、「コースをミスった~!」の即答で1人でコース逆送ショートカットして戻った先は・・・。ゴール2キロ手前
今度はちょっと戻りすぎて余裕のサブ4が?やばいな~。
ん~っ、意地でもサブ4目指さないとカッコ悪いので、ここからは猛ダッシュで追走します。
キロ4分15秒程で1周走らないと間に合わない?で、何とか追いつき46キロ走って、3時間56分15秒・・・。
何とか取り繕いほっと一安心(笑)


20151108苫小牧12


さて、メンバーの結果は・・・。
「リエちゃんは余裕のぶっちぎりで女子トップ」・・・おめでとう!
「ヨウコさんはシーズンラストフルでサブ4達成」・・・やったね!
「チタン会長は寄り道トイレ数回でも最近安定のサブ4」・・・余裕余裕!
途中で止めよう・・・と言いつつ、なんだかんだ挑戦会は全員がサブ4完走で締めくくり~。


20151108苫小牧13


最後は移動販売みたいな車でパンを頂き、熱いココアを飲みながら炭火を囲います。
が、寒い!とにかく寒い!もう限界!


20151108苫小牧14


「早く風呂に入って美味しい物食べて帰ろうよ~」
と4人は車内で、ガクガクブルブル(笑)なかなか厳しい挑戦会でした!
大会での寒い中、実行委員やボランティアのみなさまたいへんお疲れ様でした。
今年最後の北海道内のレースの想い出を苫小牧で過ごさせて頂きました。
さて・・・来年のレースはどこからスタートなのでしょう~ね?


20151108苫小牧15





ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第2回 作ACマラソン

作ACマラソンに参加した山猫さんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




北海道でのシーズンラストのフルマラソンを締めくくる大会として、また自己ベストを目指す大会として北海道のランニングチーム「作.AC北海道」がペースメーカーとなり、真駒内公園と豊平川河川敷をコースにした大会です。


201511031


朝6時に真駒内セキスイハイムスタジアムに向かい、駐車場周辺で軽くアップをおこなう予定でしたが、一般駐車場は6時30分からの開門と係員に伝えられ車内で待機することに。
よく見ると窓越しに映る草や木の葉がうっすらと白くなっていて、冬の到来を感じさせるほど気温が低い札幌の早朝です。
うぅ~、寒い~っ!

作.ACマラソン実行員会が主催する大会は今年で2回目となり、会場は真駒内を舞台としたセキスイハイムスタジアムを発着して周辺の公園と近くを流れる豊平川の河川敷を周回するコースとなります。
コースは特に大きなアップダウンはありませんが、公園内と河川敷などを大会以外の一般ランナーやウォーカー・自転車等が供に利用しますので、大会中も譲り合いが必要となります。


201511033


7時に会場入り口付近の受付でゼッケン1枚と大会パンフやオリジナルTシャツを受け取りました。が、受け取った大会オリジナルTシャツには、なんと!
フロント中央にキャラクター化された作田氏の姿が「ド~ン」とあるではないですか・・・
正直ちょっとビックリしました。


201511034


8時からおこなわれた開会式では作.ACグループスタッフが紹介され、スポンサーとなっているコカコーラの炭酸抜きがレースに有効だと説明がされたりしていました。


201511035


レース前には、個人的に「オホーツク網走マラソン」の運営にお世話になった作田氏に挨拶をおこない大会に臨みます。
太田尚子さんには「海・猫」ではなくて「山・猫」のインプット作業(笑)


201511036


チームからpiyoちゃんとつーやん、そして山猫の3人が大会に挑みます。
つーやんは今回がフルマラソン初挑戦となるのですが、今年後半の調子が良いのでシーズン最後の大会で力を発揮していただきたいところです。(代弁)
会場には早朝から応援サポーターのヨウコさんも駆けつけてチームの集合場所の確保に走り回ってくれています。


2015110321


スタート間近の会場内では、無数の雪虫?が大発生して秋空に飛び浮かぶ光景に唖然!
口を開けられないほどの大群がスタジアムを覆っています。空を見あげると無数の小さな点が雨粒のように漂っていて不思議な演出を目にします。
山猫はすでに数匹吸い込みその後のランへの影響が心配に?


201511038


8時40分にはスタート前の整列が始まり、9コースそれぞれのペースメーカーの担当が紹介され大会の注意事項が伝えられます。
山猫は4分30秒のペースでエントリーして3時間30分を目標としています。

会場には山猫のラン友やお世話になった方々も多くエントリーされていて、見かけては声をかけてシーズン最後のご挨拶にも走り回ります。


2015110310


スタートを待つ会場内では9時の号砲に向けてのカウントダウンが始まりました。
「それでは・・・10・バ~ン!」あれっ?スタート?マジに?(笑)のアクシデントにも動じず、ランナーはスタジアム内からコースへと一斉に走り出します。


2015110329


ハーフコースは、スタジアムを出てから真駒内公園内を2キロほど走り、河川敷へと向かい、その後、同じ河川敷で折り返しスタジアム内に戻る1周10キロを4周するコース設定となっています。
最周回の最後には、真駒内公園を2.195キロ走りスタジアム内に戻ってのゴールとなります。


2015110323


スタートして間もなく2キロ地点の河川敷に、突如として背の大きなランナーが横から並走してきます。
「山猫さん、神戸やめたの・・・?」と、声をかけてきたのはひろしくんです。
「えっ?やめてはいないよ~(笑)」と、答えると
「無理しちゃダメだよ~!」と応援ランしてくれます。


2015110324


コースコンでションは折り返しまでの河川敷は向かい風が強く、時間と供に更に強さが増してきました。
河川敷には「チームねねすけ」応援団の姿もあり、元気な声援に思わずハイタッチで通過します。
周回ごとに声援も賑やかになり思わずランナー山猫はカメラマンに変身(笑)


2015110312


1周目の河川敷の折り返し地点でまりこちゃん&赤平さんの姿を発見!
「おはよ~!寒いね・・・」とご挨拶
あれっ、そういえば雪虫の大発生。風が強いためか河川敷に飛んでいませんので助かりました。


2015110313


折り返し後にすれ違う集団野中にはチームのつーやんの姿もあり元気に快走!
piyoちゃんも笑顔で余裕に手を振っています。
コースも1周目が終わり、スタジアム内の中央のゲートへと一直線に走り抜けるこの場所はとても心地よく走ることができるメインストリートです。


2015110326


コースも2週目に入ると気温も上昇して秋のランニング日和と変化してきました。
身体も十分に温まり1周目を終えて様子を見ながら走ってみての今後の計画は・・・
来週からフルマラソンを2週控えていることを考えて無理せずFUNRUNで行くことに。
山猫は神戸マラソンへの練習とさせていただきます。


2015110327


2周目に入ってからのひろしコーチのアドバイスは、抑えて!ペース上げたらダメ!
・・・との一言
その時に河川敷を走る山猫の目には見覚えのある姿を遠くに発見!
おぉ~・・・!監督が応援に。
監督:「山猫さ~ん!後半バテるから気をつけてよ~抑えてよ。と並走してくれますが・・・。速くない?ついて行けないけど(笑)
ヨウコさん:「山猫さ~ん!」「遅い~よ。飛ばして~」・・・
ひろしくん:「山猫さ~ん!」「神戸!神戸!抑えないと~」・・・。
えっ?どっち?何なの?・・・抑えるの?飛ばすの?
監督兼コーチが3人・・・え~っ、どーするの?


2015110314


コースも3周目に入り、見慣れた風景に少しばかり・・・。
やはり周回コースは苦手です。
ペースは掴みやすいのでしょうけど・・・
集団を牽引するぺーサー尚子さんも、すれ違う度に声援を送ってくれます。
呼ばれる名前はハッキリと「山猫!」なので、もう一安心(笑)
こらからはもう「海・猫」は封印でしょう!

最周回はなんだかバテバテで、気持ちと供にペースも落ちました。
ぺーサー役の阿部さんに河川敷は1人で走ると辛いから頑張ってついて行くよ~。
と、声をかけられ促されましたが・・・。脚が前に進みません。


2015110328


ラストは公園内を走り再びスタジアムに入ってのゴールとなりますが、体力激減ヘトヘト走りに女性ランナーに追い越される始末(笑)
スタジアムに入る直前に意地のラストスパートで声援を頂きながら・・・
駈け込みゴール!
タイム:3時間38分27秒
昨夜はトンカツ食べたのに・・・。やはりハーフ走後の、中1日は辛かったです!

ゴール後に頂いたコカコーラを飲み干して記録証を受け取り、ゴールでpiyoちゃんとつーやんを待ちます。
あっ、女子2連覇の光岡さんおめでとうございます!
昨年の第1回大会は雪の降る中での過酷な開催と伺いましたが、今年は天気には恵まれてチーム全員が無事に完走して大会を終えることができました。
piyoちゃんは好タイムで今年のフルマラソンを終えましたし、つーやんは初フルの洗礼を受けましたが完走しましたので満足してくれたのかな?

さぁ~。今年は残すところあとフルマラソンが3レースあります。
来週の苫小牧フルマラソン挑戦会はひろしコーチのアドバイスを受けおとなしく・・・
翌々週の神戸マラソンはシーズン最後に気合い入れて、NAHAマラソンは迷わず楽しんできます。

作.AC北海道のスタッフのみなさん
本日は運営おつかれさまでした。大会に参加させていただきありがとうございました。




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第2回 江別野幌マラソン

江別野幌マラソンに参加したマコピーのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




11月3日、「第2回 江別野幌マラソン」に参加しました。
今年5月に「第1回」が開催され、半年後に「第2回」という変則開催パターンです。
ちなみに昨年の文化の日には「第1回 ベジタブル野幌マラソン」が開催されました。


20151103江別2


前々日の1日には「フードバレーとかちマラソン」が、また、江別野幌マラソンと同じ3日には「作.AC真駒内マラソン」が行われ、チームメンバーの多くもそちらに参加。
江別野幌マラソンに出たのは私だけでした。

この時期の大会は、運が悪いと前週の「北海道ロードレース」のように雪が降ったり冷たい北風が吹いたりと天候リスクはありますが、今回は、たまたま晴天・気温10℃超の、絶好のレース日和となりました。

実はこの日、同じ野幌総合運動公園内のプールで、子供が通っているスポーツクラブの水泳大会があり、家族で観に来て、途中で私は抜けてレースに出られ好都合!というのも参加理由でした。


20151103江別9


距離は、先週の北海道ロードレースと同じくハーフです。(他に10km、5km、1km親子ランなど)
ハーフは公園内1周約3.5kmのコースを6周する周回コース。
大会運営には地元高校生が多数参加し、手作り感いっぱいです。


20151103江別1


完走後には、温かいトン汁が待っています。


20151103江別6


ハーフの定員は500人となっていましたが、実参加者数は2~300人といったところでしょうか。(プログラムが配布されなかったため正確には分からず)
チームユニフォームを着た方は少なく、個人参加の方が多い印象です。

正式なスタート時刻2分前くらいに、突然「バン!」と「誤砲」が鳴り響き選手一同ビクっと反応という一幕もありましたが、無事定刻に「号砲」
何とかスタートに漕ぎ着けました。


20151103江別5


スタート直後は、なぜか誰も飛び出す選手がいません。
私はいつもと同じ感じで突っ込んだ結果、先頭ランナーとなってしまいました。
1周目を終え総合トップで2周目へ。
先導車(自転車)に導かれ「先頭ランナーが通過します」とメガホンでアナウンスされながら走るという、滅多にない経験をしました。自転車に引っ張られるような感じで、ややオーバーペース気味(^_^;)

さすがに2周目の途中からは、速い方々に次々と抜かれて、ようやくペースも落ち着き 「自動運転モード」に。
この頃から周回遅れのランナーをかわしながら進むこととなります。
コースは所々狭くなっているので少々気を遣いました。
給水は1箇所でしたが、対面のコースから水を求めてランナーが飛び出してきてヒヤッとすることも。


20151103江別8


そうこうしている間に6周目。
ファイナルラップ。
後ろから徐々に近付いてきていた同じ40代の選手に抜かれました。
私も後半ペースアップしていたので、その方は相当上げていたはず。
2段ロケットの性能の差を感じました。
ガーミン測では21.1kmを超えましたが、なかなかゴールが見えません。(今回は結局400mの差が出ました)
1kmラップは全て3分台だったので、途中から「1時間21分台」のPBを狙っていましたが叶わず。

フィニッシュタイムは「1時間22分59秒」

先月の札幌マラソン「1時間23分00秒」より「1秒」縮めました。
札幌マラソンで「1時間27分00秒」と、同じく「00秒」だった女子のMさんと「チーム00秒」を結成しましたが、早くも卒業!?

ゴール後、大会主催者の方と記念撮影。


20151103江別7


また、2週連続入賞で「年代別3位」でした\(^o^)/


20151103江別4


参加賞は「えべちゅんラーメン」みそ・しお・しょうゆ。
江別のゆるキャラ・れんが鳥「えべちゅん」初めて認識しました!
近くに住んでいながら今まで知らなくてごめんなさ~いm(__)m


20151103江別3


私の今年の道内レースは今回で最後ですが、この後、「つくば」「別府大分」とフル2本を控えているので、これからの季節も練習がんばろうと思います!!




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■2015フードバレーとかちマラソン

フードバレーとかちマラソンに参加した山猫さんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




11月初旬の北海道は季節的に冬間近の寒い時期となりますが、いつも温暖な気候の中で大会は開催されています。


201511011


さぁ~っ、今日はチーム一丸!満足のいく走りを目指して「帯広スイーツ」「豚丼」を食べて帰りましょう・・・!と、早くもレース後に気持ちが(笑)


201511012


山猫は、前夜に阿寒町に宿泊し、早朝6時に帯広に入りチームメンバーを受け入れ準備を致します。
前夜は一人「まったり」と温泉で身体を癒し、食事も「ゆったり」カーボのつもりが・・・。
ホテルディナーバイキングで食べ過ぎました~!
ついつい・・・。食事より、デザートを嗜む時間に費やす時間が(笑)
目の前のホワイトチョコフォンデュに誘惑されて。
明日は「帯広スイーツ」が待っているというのに


2015110112


当日は雨の予報も無く、気温も10℃前後の秋晴マラソンの予想が、風がとても強い!
ビルの間を吹き抜ける強風はコースコンでションにかなりの影響を及ぼすことでしょう。
スタート後の往路は向かい風!となると復路は追い風に?テンション下がります。
実は路上で財布を拾い、交番は警官不在で大会終了後に本署に届けると連絡を入れて早朝からドタバタしてました。

今年はチームから8名のメンバーがハーフにエントリー!そして5キロと応援メンバーを加えての10名が会場で一陣をなしています。
今年の作戦は?タイム見ません(笑)で、目標は33分台かな?
いつも周囲に合わせ突っ込んで失速しますので、今日は4分30秒をキープします。
と自らに言い聞かせながら、SAYAKAちゃんに答えます。


201511014


実は、山猫はSAYAKAちゃんに背中を追うと言われ受けて立つことに!
山猫よりタイムが良い場合は「帯広スイーツ」が贈呈される設定です。
負けられない!
と、同時にライバルの「あ~ちゃん」と「オホーツク井Oくん」の挑戦も受けます!
今日はいつものように失速だけは注意しなければとの思いで挑みます。


スタート地点では、ピストル合図とともにダッシュするまでは、まだ余裕の情報交換場所。
4箇所の給水ポイントと4箇所の仮設トイレが設置された私設応援が待ち受けるコースへと走り出す9時の号砲へのカウントダウンが始まります。
ここにきてやっと緊張感が高まり始めたので早く心拍数上げて慣らしておかないと。
出来れば結果を残して来シーズンにつなげたいところですけどね。


201511016


スタート直後はランナーが一団となり中心部を駈け抜けて行きますが、今はまだ前方のメンバーの姿が目に映ります。
今のペースは4分20秒ほど。「まだ速いな~抑えないと」
うわ~、風が強くて集団の中にいても風をまともに受けちゃいます。
「もしかして、復路の追い風を考えると前半攻めた方が良くない?」
と、思っているとサイドからSAYAKAちゃんが抜け出します。
そして、後ろから肩をポン!と叩かれあ~ちゃんが行くよ~の合図!
でも、「我慢、ガマン!」2年連続失速の山猫はペースを保ちます!


201511017


沿道からの声援を受けて、折り返し前後にはメンバーに声援を送ります。
気になる時計をチラ見すると4分35秒。やばっ!
登り坂でペースを落としちゃいましたのでこれから取り戻しにペースアップ
ゴールまで6キロの直線のコースに入り、ここからは強い追い風に押されゴールまではギアを上げてライバルを追いかけます.。が、残り2キロ地点となってもキャッチできません。後半ペースを上げたつもりでも風にも乗りきれずにスピードも出ずに苦しみます。
身体も呼吸も全く余裕なのにシフトチェンジのタイミングが遅くゴールが間近に!

タイム:1時間35分32秒。

あれっ?余裕でゴールしながらも35分超えている。ショック!

待てよ!もしかすると「帯広スイーツ」の贈呈式があるの?
おそるおそるゴール周辺を見渡すと・・・SAYAKAちゃんがにっこり!
あぁ~っ「贈呈式」決定!
SAYAKAちゃんは35分を切って自己ベスト!
あ~ちゃんは31分台の自己ベスト更新!
オホーツク井Oくんも32分台で自己ベスト更新!
あれ~っ山猫からライバルがどんどん減っていきますね(笑)
唯一の救いは、今日はシーズンベスト?であったのと、慕ってくれる侑くんの存在かな?
「山猫さ~ん」と記録証を手に駆け寄ってくれるナイスボーイです!
ほんとによく頑張った!とボーイと握手も山猫抜くのも時間の問題(笑)


201511019


さ~っ。帰ろう!
お風呂でメンバーを称えて、自らは反省して。
帰りはお姫様二人を乗せて「帯広スイーツの旅」を堪能し札幌へと車を走らせます。
明後日の「作.ACフルマラソン」を走るために!

あっ。「贈呈式」は
六花亭本店で決行させて頂きました。「おめでとうございます。悔しさ一杯です(笑)」
で、なんかついでに誕生日のお嬢様がいたので、便乗お祝い?・・・まじかっ!

今年もマラソンを通じて帯広の地を満喫させて頂きました。
メンバーみんなが・・・。んっ?ターニンが怪我で大事をとってDNF
以外は怪我無く無事完走しました。
そして、まりこちゃんには風が強く寒い中でのサポートでお世話になりました!
山猫は3週連続フルマラソン修行が始まりますのでスイッチ切り換えます。
表彰台には縁遠いけど、かちまい(十勝毎日新聞)のインタビューはしっかり受けて
紙面にはコメント記載されていましたよ(笑)


2015110111


帯広での大会中の施設をお借りするにあたり尽力してくれた山猫友人のみなさん
大会運営事務局そして帯広市民のみなさま
多くのボランティアの方々と安全に走行させて頂いた行政機関の皆さん
ありがとうございました。
行政機関?警察署に届けた財布は無事持ち主に届いたかな~?
みなさん貴重品は「落とさず忘れず離さずに」
標語で閉めさせていただきます!


201511015




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■2015フードバレーとかちマラソン

フードバレーとかちマラソンに参加したしばさんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




第一回から毎年、今年で4回目の参加です。初めてハーフの90分を切ることができた相性のいいコース。

前半はあまり、登っているように見えなくて、実は登っているという直線。
これが復路では延々と続くなだらかな下り坂となってくれるので、後半のラップの落ち込みが小さいことが後半に弱い僕には向いているんだと思います。

今年も当日入りで、朝4時に札幌を出ます。
2時間半くらいで帯広到着。
途中、トマムの辺りでは「今日は風無いね」なんて言ってたのですが、帯広に近づくにつれて、ハンドルをとられるほどの強風に。

この日はこの強風に苦しめられる事となります。

会場に着くと、思っていた以上に寒い。
冷たい風が体感温度をかなり、低く感じさせます。

皆でアップに出かけ、いや、一人かたくなにアップに行かないMさんもいましたが(笑)、コースを下見、ウインドスプリントで身体を暖めます。


2015とかち1


スタートは9時、寒さでアームカバーを付けるか、手袋するかとか、迷いながらスタート地点へ。
僕はタイツを着用しましたが、ヒロシさんには笑われました。
汗かきの僕がタイツを履いてるのが可笑しかったみたいです。
実際、レースになると同じくらいのところ走ってる人は誰一人、タイツを履いておらず(笑)


2015とかち2


マリコちゃんがチーム皆のブレーカーを預かってくれるので、スタート直前まで身体を冷やさずに待つ事ができます。いつも、ありがとう。

いよいよ、スタート。
今日の作戦はMさんに付いて行く事(笑)Mさんは27分台で走る女性ランナー。
前回のレース、札幌マラソンでも付かせてもらって自己ベストを出していたので、今日も付いていこうと。
前回は12キロで離されたので、今回はもう少し粘れたら、コース特性でベストが出るんじゃないかという狙いでした。


2015とかち3


札幌マラソンのあと、発症した腰痛、「札マラで自己ベストを出したから、今年は良いや」という慢心で激減した走行距離、解禁したスナック菓子による3キロの体重増など、不安要素しか無かったので、シンプルに人に付いていく。
ただ、それだけしか考えていませんでした。

スタートから、3キロくらいまでは4分5秒前後のペース、自分にとっては若干、速いのですがあまり、気にせず。
ただ、付いていく。

3キロを過ぎた辺りから、風が強く、集団もばらけ、モロに風を受けることとなります。
Mさんも苦しそう。ラップは4分10秒から15秒、ハーフの90分くらいのペースに。
前半は強烈な向かい風にとにかく我慢するレースでした。
視界に入っていたリエちゃんが少しずつ、離れていきます。

途中、女子の入賞圏内の選手の順位変動を見ながらのレース、Nさんを抜いたり抜かれたり、そして、長い直線も終わりを迎える頃、小樽運河ロードレースでMさんとデッドヒートを繰り広げたTさんが、右から上がってきます。
同じチームの男性を追いかけるようにして前へ、徐々に差を広げられます。


2015とかち4


ここで「Mさん、僕が引きます」って言えたらカッコいいんだけどなって思いながら、思うだけの自分が情けない。
それでも、直線の終わりで「向かい風、ここで終わりです」って声をかけて、前へ出ます。
ここからは自分のペース。
まだ、二人の姿は100M先くらいに見えている。少しでも引くことができたら。

コースはU字に曲がり、追い風に。
ラップは再び4分5秒前後まで上がる。
少しずつ、前との距離が縮まってくる。


2015とかち5


いよいよ、コースの難所、帯広の森の坂に向かいます。
登りだした途端が一番、きつい。
足が止まります。
ラップは23秒まで落ち込む。
それでもレース前に有賀さんが言ってたとおり、ここは2段坂で途中は平坦。
ここですれ違うチームメンバー、ラン友さんとエールを交わし力を貰います。

2段目の坂も終わり、折り返し地点、すぐ後ろにMさん、前には意外と近くに有賀さん、後ろにはヒロシさんが詰め寄ってきてる、チーム誠のいのっちも来てる。

自分の現在地を把握しながら、「ここからはずっと、下りだ」とテンションUP。
だから、このコース好きです。
ラップは4分ちょうど。
下り坂の最後でMさんが前に出る。
札マラの時も河川敷に降りる坂で抜かれた、今日も全く同じ展開。
下りが下手なのかな。


2015とかち6


ここで離されちゃいけない。と、また追いかける。
この区間が一番、風が強かった。まるで進まない。
「負けないで」を演奏し、応援してくれるチアガールも心の中で「太い足」と毒づくほどキツく感じた。
前を行くMさんは「この娘たち、生足で頑張ってるのに、何でしばさんはタイツ履いてるの?」と思ってたらしい。
ランナーって走りながら、いろんな事、考えてますね。

そこから2キロほど、粘り、長い直線に入る頃、いよいよ、付いていけなくなる。
ラップは落ちてない。前が速くなっているんだ。
遂に一人旅の時間、遠くなっていく背中。
あれだけの強風だったのにそれほど、押されてる感は無い。無風に感じるくらい。

周りにもランナーは居ない。
たまーに抜かれたり、落ちてきたりする程度。
そんな中、沿道の声援がありがたかった。
一人になってからはほとんど時計は見なかった。
タイムの計算もしなかった。
前半で貯金はできてるはずだから、後半落とさなければ、必ず、ベストが出るはず。


2015とかち7


時折、時計を見たくなるが、見たらラップが落ちてたら、更にダメになる気がする。
最後、時計を見たのはいつだったんだろう?

ただ、ただ距離表示だけを見て、前へ。あと3キロ、2キロ、それだけを考えてゴールへ。

最後の短い直線、ゴールの時計は1時間28分台を示してる。
「多分、自己ベストだ」
そう思いながらフィニッシュ。

長い直線の6キロくらい、最後までラップは落ちてなかった。
むしろ、上がってた。
感覚的にはきつかったんだけど、下りと追い風でなんとかなったみたいです。


2015とかち9


2015とかち10


2015とかち11


チームメンバーもベスト更新が何人か、リエちゃんは年代別優勝。
かすみちゃんは驚愕の21分台を叩き出しながら、総合2位。
相手は現役の大学陸上部。
それでも悔しがってる姿に志の高さを感じさせられました。


2015とかち8
ゲストランナー弘山晴美さん


表彰式もワイワイと終わり、毎年、恒例の水光園へ、広い温泉でレースを振り返って、メンバーと露天風呂。
他のチームの方も沢山、来てました。

すっきりした後はいよいよ、お楽しみ。てか、こっちがメイン?帯広グルメ。


2015とかち13


豚丼、六花亭、柳月、インデアンカレー、トテッポ工房などお馴染みのところを回って、帰路へ。

帰り道はK森さんから、今後の練習方法をレクチャーしてもらいながら、あっという間に札幌へ。
更にタイムを上げていくにはスピード練習が不可欠みたいです。

これで今年のレースが全て終わりました。
最後のハーフ2戦がベスト更新と良い形で終われたので、この勢いを来年の洞爺まで維持できるように冬のトレーニングを頑張っていきたいと思います。


2015とかち12




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■富山マラソン2015

富山マラソンに参加したチタンさんのレポートです!!



ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




第一回先着富山マラソン キメてきました!

土曜日朝から、エスマラソン部の須田さんと一緒に直行便で富山へ!


2015富山5


関西支部長の岡野さんが富山なんだか空港までお出迎えに来ていただきました~

受け付けまで、車で楽チンです!


2015富山6


富山マラソンエキスポを覗いて、私の富山在住のお友達とお会いできて、記念撮影~
皆元気でなにより♪


2015富山1


それから、まずは御当地ラーメン!

富山ブラックラーメン!

ライスと生たまごトッピングが主流みたいですね~(*^.^*)


2015富山2


スタート地点の高岡に行きホテルにチェックイン!

夜ご飯まで、自由です(笑)

須田さんと岡野さんと合流して・・・
蕎麦屋へ(笑)

高岡駅前食べる所いまいちありませんでした~


あっ、またマラソン大会の事 書かないつもりでしたが(笑)

富山マラソンには、904から3名の参加!

スタート時間の気温は9度 湿度66パーセント

岡野さんはA
私はB
三枝さんはCブロックスタートです!

私は約90秒のロスタイムがありましたね~

札幌のランナーさんにたくさん声をかけていただきました。

もちろん、ちんすこうの木下さんとも写真撮れましたよ(笑)

私の富山の友達も立派に完走!

佐野さんには、チタンと書いた紙まで用意して頂いて感動しました~

エスマラソン部の須田さんも自己ベスト!

チタンナイトで頑張って練習してましたからねー

私も嬉しいです♪

で・・・

私は・・・

35キロ地点から見事に撃沈!

40キロ過ぎにはとうとう歩き出してしまいました!

ダサイ!

やはり網走がピークだったんでしょう!

ゴール後は岡野さんとなかなか会えずにふてくされましたが・・・(笑)

岡野さんには、空港まで送ってもらい本当にお世話になりました~

空港では、タイムがダサかったので二人で寿司屋で反省会!(笑)


2015富山3


富山から羽田
羽田から札幌

自家用車で家に着いたのは、23時過ぎ!

でも、遠征マラソンは楽しい~

富山マラソンありがとう!

あの橋から見た景色はマジで凄かった!

写真はないけど・・・


2015富山4




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。