■大会【トレラン】

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2016狩勝トレイルランニング


レポートはこちらです → 狩勝トレイルランニング




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ
スポンサーサイト

■第6回 しかおいトレイルラン

しかおいトレイルランに参加した山猫さんのレポートです!


ランキングに参加中!ポチッとワンクリック お願いします♪




「馬の道を駆け抜けてみませんか?」
とのキャッチフレーズに目を奪われていろいろと想像してみました。
馬の道って?興味津々。


2015しかおいトレラン1


十勝地方も秋の紅葉シーズンが終演へと向かい、風景がモノトーンに映り変わろうとする山林野でのトレイルランにチャレンジしてきました。
山猫が参加した種目は、「アドベンチャーコース」の30キロ!
参加ランナーの要望により今年から延長変更したコースを駈けます。
種目は他に12キロの「チャレンジコース」と、5キロの「エンジョイコース」が用意されています。

旧観光農園「にしかみ」(いちご・ぶどう等のフルーツ農園?)を会場としてスタートゴールの発着点とし、今年は例年より数週間ほど早めの開催とされています。


2015しかおいトレラン2


標高の高くない山間部での「ホーストレッキングコース」(馬の道)と「陸上自衛隊演習場」を利用したコースを舞台としています。


2015しかおいトレラン3


事前に誓約書や会場案内図が郵送されましたが、はっきりとした場所がわからなく不安のあまり当日は車で早めに会場に入ります。
朝日が昇る6時、気温7℃、まだ会場には誰もいない静かな農村地帯に脚を踏み入れて、山並みが見える広大な農場の中に点在する幾つかの建物とビニールハウスや農機具。
なんとなく想像していた場所では?とりあえず周辺を散策してみます。


2015しかおいトレラン4


7時頃になるとスタッフやランナーが集まり始めて、準備された受付でゼッケンと参加賞を頂きます。会場ではクマ鈴が販売中!そしてゴール時には地元商店が飲食品の販売をおこなっていました。


2015しかおいトレラン5


8時30分にエントリーコースのスタート!
その後に「チャレンジコース」と「エンジョイコース」がスタートします。
開会式は「アドベンチャーコース」のスタート後におこなわれますので山猫は参加できませんが、他の種目参加者と応援の方やスタッフに見送られながらコースへと走り出します。


2015しかおいトレラン6


今日のコースコンデションは?
最高気温は20℃前後と予想され、秋の薫りを感じながら走ることができそうです。
最近は降雨も多く川の水位も増えコースも若干濡れているとの情報を頂きました。
出走前の全員点呼!中には呼ばれても・・(汗)
時間が間近に迫るギリギリ状態で点呼が終わり、あたふた並ぶと直後に速攻でスタート。


2015しかおいトレラン7


大会には制限時間が設定され、コースには20キロと26キロ地点に関門が設けられています。給水は8ヵ所セットされていますので、今日はハイドレーションや水ボトルは携帯しなくても乗り切れそうです。
トレッキングポールは必要?用意しているランナーは見かけませんね~。
ただ、エイドには食べ物が準備されていないようなので携行します。

スタート前でいつもの体調自己分析。
「10K」・「フル」・「フル」・「ハーフ」と4週連続走の疲労が蓄積。
さらに来週からは4週連続5レースが予定されているので、怪我を避けてシーズンを乗り切りたいと思っています。


2015しかおいトレラン8


今日の初めてのコースではペースタイムがわからないので着順にこだわることにします。
クラスエントリーは、参加者142人中52人(内女性が4名・・・入賞確率高!)で、中には名の知れたランナーが数名。
今日、他で開催されてるトレランには行かずに?
なぜ、ここに?みたいな(笑)
初エントリーはFUNRUNも心がけて「15番目以内」を目標にしてみます。
頑張る気力はだけは十分あるのでなんとかテンションを上げてみましょう!


2015しかおいトレラン9


では、出走~(馬?)心の中でファンファーレを鳴らします!(笑)

スタート直後は畑作地の防風林内を走り、一般道を横断し(後に2箇所)、畑作地帯の袖を通り山間部へと向かいます。
身体を慣らしながら走っていると、周辺から漂う香り(臭い)は?肥料?それとも?
前方に走りゆくランナーは20人程かな。


2015しかおいトレラン10


林を下り谷間に向かうと小川が目の前に現れます。
川幅も狭く水深も浅いのですが、飛び越せる幅ではないのでシューズが水に浸かるのは避けられません。

川の中ではつま先で飛ぶように。濡れる箇所を最低限に!
コースはホーストレッキングの道に移ります。コース幅は走るには十分な広さで、砂利や土、場所によっては泥道となっていて、馬が通るためその重たく大きな4本脚でズブズブになっています。
場所によりウッドチップが敷かれており、草地の場所もあります。
「ずるっ!」あれっ。よく見ると、動物の○ん○かな?自然と一体化して判別つきません。だけど「うん?」はもらいました(笑)


2015しかおいトレラン11


出走前の注意事項で、走行中に「馬」に出遇ったら、馬が避けてくれるそうです。が、
「クマ」はそうはいかないようなので。熊鈴チリンチリンでごまかします!


2015しかおいトレラン12


コース前半には、跳び越える事が出来る幅の小川から2m幅の大小5箇所の川があります。最初は慎重でしたが、2本、3本と川を渡るたびにもう気にしてはいられなくなり「バシャバシャ」と川の中を走ります。
冷たい水に「ハッ!」としながらあっという間にずぶ濡れに(笑)


2015しかおいトレラン13


前半を駆け抜けると、次は標高の低い山間部のアップダウンへと変化して、場所によっては斜度がきつく、駆け上がれない登り坂もあり、また、急勾配の下り斜面では危険なノンストップダウンヒルにチャレンジしますが。止まらない。


2015しかおいトレラン14


その後は山林道を登り下りの繰り返しで、20キロ地点からはコースを折り返します。
コースは全体を通して大きな障害も無かったため駆け抜けることができました。
笹藪もコースとして管理されていましたが、刈った後の笹茎が足に突き刺さりやすくなっていますのでスパッツやゲーターがあると安全かな?
大会を終えたあとタイツの裾がボロボロに(笑)走り方にもよるのでしょうけどね!


2015しかおいトレラン15


運営と管理では、各コースの分岐点や道路の横断箇所には必ず誘導員が配置され迷うことなく進むことが出来ましたので、係やボランティアの皆さんにはとても感謝を致します。

林の中では樹上から舞い落ちる紅葉の中を駈けることができて、なんだか幻想的で気分になります。そして遠くから聞こえる声!200m先から声を上げて声援してくれる係の方には元気を頂きました。


2015しかおいトレラン16


コースでは無理をして2度、3度転び、いや、ぶっ飛んで手持ちカメラが飛んでいってしまい一瞬焦りましたが、10m先で木の枝がナイスキャッチ!!助かった~(笑)
倒木をかっこよく飛び越えようとして脚が短く大失敗!大事な場所?を強打して1分間のロスです。周囲には誰もいない林の中で一人苦しくもだえます。
あまりの痛さに直に確認しようかと思いました(笑)


2015しかおいトレラン17


ゴールまで残り1キロ近くなると会場のアナウンスが聞こえてきます。
100m先には抜かれたランナーの背中が見えますが、山猫の後ろ50mにはランナーが迫ってきていますので、「前を抜けるように後ろから抜かれないように。」(笑)
300m先に見えるゴールまでラストスパートです。往復10度も川を渡り、足はずぶ濡れ泥んこですがゴール手前では声援を受けて気落ち良くフィニッシュ!


2015しかおいトレラン18


記録:「3時間16分35秒」。よくわからないタイム!
で、順位が11位となり目標は達成!

さすがにダッシュゴール後はバテバテで、久々にへたり込みました。
馬やクマには出会いませんでしたが、アップダウンの連続に体力消耗!
ゴール後に運営者からマイクを渡されたので、来年の再挑戦表明(笑)とチームをPRさせて頂きます。
マイク片手に「みなさん、ブログみてください~」みたいな(笑)
残念ながら最終的には関門不通過が2名と発表されていましたが、レースを終えた会場で表彰式をおこなったあとは、係員やスタッフを交えての多数の商品が当たる大抽選会がおこなわれ、会場は盛り上がっていました。(またまた何も当たらない山猫でした)

全体を通じ感じましたが、規模の大きな大会ではありませんが参加数と運営のバランスが良く、コースも様々な要素が盛り込まれていて、トレイルランニング大会に初めてエントリーするには十分楽しめるお奨めの大会です。
楽しくて苦しい~!面白いけど辛い!の連続でしたが、とても楽しい時間を過ごせたアットホームな大会でした。
運営関係者及びスタッフとボランティアのみなさん、本日はお疲れ様でした。


2015しかおいトレラン20




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第4回 Gokibiru Trail 30K (濃昼トレイル30K)

濃昼トレイル30Kに参加しました!


私(ヨウコ)は30K個人戦。
しんちゃん・かすみちゃん・ゆうちゃんの3人は30Kのチーム戦に参加です。
全員、この大会は初参加。
ゆうちゃんはトレイルの大会も初めてです。

会場の厚田スポーツセンターで受付をし、ゼッケンと計測用のリストバンド、参加賞のお菓子、そば引換券を受け取ります。


gokibiru20152


しんちゃんとゆうちゃんは、手ぶらでザックもなしでスタート地点へ(笑)
給水が1か所しかないけど、大丈夫・・・?

スタート直前に実際の距離は32キロであることを知りました・・・


gokibiru20154


gokibiru20155


スタートしてすぐに、厚田公園スキー場のゲレンデを上ります。
いきなり急斜面です!


gokibiru20157


上ったところで、1回目のタイム計測。
機械にリストバンドをタッチさせるのですが、一人ずつなので順番待ち・・・
ここが1キロ地点だったようです。

階段を下りてまた少し上って、ロードに出ます。
4キロほど走って、濃昼山道入口に到着。

いよいよ、トレイルのコースです!!


gokibiru201510


天気がよく、紅葉の中を走るのはとても気持ちがいいです♪

しかし落ち葉の下に石があったり、泥んこでぬかるんでいるところでは足をとられます。

しばらく上っていくと、トップ選手が折り返して、すごいスピードで下ってきました!

少しするとしんちゃんチームの3人も、チームではトップで折り返してきました。

それからしばらく進んで、やっと折り返しの給水ポイントに到着~
2回目のタイム計測を行い、水とリボンナポリン(炭酸飲料)をいただきました♪

再び山道に戻り、同じルートを戻ります。

気がつくとこんなステキな景色が見られました。


gokibiru20159


シングルトラックのコースを進み、何回か川越えもあります。


gokibiru20158


山道が終わって、残りはロード4キロの上り。

もう脚が攣りそうだし、歩いている人もたくさんいたけど、なんとか歩かずに走りきりました!


チーム戦では、しんちゃんチームが優勝


gokibiru20151


賞品にトレラン用リュックとビールをもらったようです。


ゴール後にいただいたおそば~


gokibiru201511


おいしかったです♪


景色がキレイで、とてもステキな大会でした。

大会を主催されている『北海道トレイルランニングクラブ』の皆さま、ありがとうございました!


gokibiru20156




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第16回 NACトレイルランinニセコ

ニセコトレイルランに参加したかすみちゃんのレポートです!!



NACトレイルランinニセコ  キメて来ました~!

人生2回目のトレイルランの大会は、北海道マラソンの翌週です。
体や足に疲労があるまま、山を走って滑落しケガをして走れなくなったら嫌だな~ と、出場するかしないかギリギリまで吟味しました(^^;;
しかし!!気分転換になるはずだ!と意を決して出場しました(^^)
当日は、またもや寝坊をしてしまい大慌てでニセコまで。
受け付けの時間を少し過ぎてしまいましたが、なんとか受け付けしてもらえました(^^;;寝坊してゴメンなさい。
気をつけねば。


2015ニセコトレラン3


ゼッケンをつけたり、今回初めて導入したハイドレーションの取り付けをしたり、あたふたしまくり。
これまた、すぐに点呼の時間に。
スタート地点に並ぶと、マラソン大会とは違う、ゆる~い感じで。笑
これがまた良いんですよね!!
知り合いのランナーさんにコースの話しを聞き、結構タフなコースだと。
ロープを使う場所もあるとの事。
寝坊のせいで、手袋は忘れるは帽子は忘れるは。。。なんてこったー( ; ; )


2015ニセコトレラン2


しかし時間は待ってくれません。
スタートです!!
スタートしたらすぐに階段をひたすら登ります。
ここは全く走れません。歩きます!
でもただ歩いてるだけでゼーハー言うし暑いし。
登りきったらもう満足でした。

そこからヒラフスキー場を登ります。
ひたすら登り、ひたすら下ります!
山を2つ登る事はコース図を見て把握していたので、一つ目の山の下りはゆっくりゆっくり。。。
足元が安定しないので、何回も足首を捻ったり、つまづいたりします。

二つ目の山、アンヌプリに差し掛かる前に、泥んこの洗礼を受けました。
トレイルは泥んこが付き物なんですかね??
靴がグチャグチャになりました。
汚いの嫌なのでテンション下がりました。笑

アンヌプリの登りは、歩いているランナーさんもいましたが、藻岩山の岩場と似ていたので私は走れました(^^)
アンヌプリは登山者にも人気のようで、沢山の登山者がいてエールをもらいました!
こんな狭い道を走って、なんだか申し訳ない気持ちになりました(^^;;

山頂まで残り1000メートルという案内がありますが、なかなか山頂が見えません。
山頂が見えるとヤル気も出るのですが。。。

残り500メートルになったところでやっと山頂が見え始めました!
こうなったらヤル気が漲りスイスイ?登れました。

山頂の景色、空気は最高です\(^o^)/これぞ。山!!
素敵過ぎる\(^o^)/
景色を目に焼き付けました。
写真などはありません。笑

後は下るだけ!よしっ!
と下りはスピードアップして行く予定でした。
でも傾斜の強い岩場で走れなく、足元も滑るためスピードアップ?そんなの無理でした。

でも田舎育ちのおてんば娘の血が騒ぎます!!
ケガを恐れず石の上を跳ね、倒木をまたいだり、くぐったり、草にしがみついたり、だんだん楽しくなって来ました!
あっと言う間にアンヌプリを下れました!
で、すぐにスタート、ゴール地点が見えました。
やったー!ゴールだ!三時間かからないじゃん(≧∇≦)と、余裕でいたら。。。

違いました。

コース把握していたはずなのに!このままゴールじゃないなんて~そういえばロープのシーンもまだだし。笑
実はここからが、山場でした。

再び、目の前に開かる傾斜。
いい感じに下って来てしまったので、登り用の足はもう残っていません!!
息だけが上がり、足は上がりません。
ここからアップダウンの野性的なコースになります。
草藪の中を走りロープを遣い登り、沢の中の小川を走ります。
今度は靴がびしょ濡れになりました。
でも爪とかかとが痛かったので、濡れて気持ち良かったです!
すっかり私も野性的になりました。笑

ゴールはどこだー!!??
という気持ちだけで、ゴールまで長くて仕方ありません。
最後の最後までアップダウン続きでした。本当にタフなコース(^^)
残り3キロの表示が出てきてから、良かったちゃんとゴールあるんだ!と。笑
最後は気持ちだけで(^^;;

草藪を潜るとフィニッシュが見えます!
安心と疲労困憊のゴールとなりました!

なんとか、女子1位でゴール出来たようです(^^)


2015ニセコトレラン1


足の爪3本死亡と、かかとの水膨れ、膝の青タン、スネの擦り傷、きっと靴紐が緩かったんですね~
それ以外は大きなケガなく終えてホッとしています!!

走っている途中は、もう嫌だ!やめたい!て思いました。が、走り終えたらまた走りたい(^^)
またもや山の魅力にとりつかれた1日となりました\(^o^)/

来年は?出るかわかりませんが、次のレースではコースをしっかり把握したいと思います!!!!




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

■第1回 十勝岳トレイル in かみふらの・びえい

十勝岳トレイルに参加した山猫さんのレポートです!!



北海道の大雪山系の山並みで開催される壮大なトレイルの旅
記念すべき第1回大会が、自然豊かな上富良野町と美瑛町を舞台にしたコースでおこなわれました。
今日は様々な場所で大会が開催され、チームが各地で活躍する情報が入る中で孤軍奮闘!
今日のヒーロー&ヒロインとなる会場はアイアンマンかな?北商ロードかな?


十勝岳2015-1


この大会は、先月行われた「大雪山ウルトラトレイル」との姉妹大会として位置づけされています。
今大会のゲストランナーの小川壮太選手は、今年の大雪山UTで優勝しての凱旋!

山猫は当日の朝に会場に入る予定・・・。が、向かう途中で車のアクシデント!
参加が微妙でしたが、時間ギリギリに到着しなんとか受付に滑り込み走る準備に汗だく。
そして、急遽借りた車が幸か不幸か「ハイエース・グランドキャビン」・・・でかいっ!
車を止める場所にも四苦八苦。
だけど、車内が高く広く着替えるのに楽で専用の更衣室に・・・(笑)
これいいな~・・・欲しくなっちゃう!


十勝岳2015-2


会場となる美瑛町の「大雪青少年交流の家」で受付を済ませてゼッケンなどを頂きます。
参加者は25Kに200人・10Kには150人ほどがエントリーしています。


十勝岳2015-3


10Kのスタート&ゴールとなるグラウンドでは、開会式と主催者側からの競技説明が行われました。
25Kのコースは、会場から専用バスに乗車して遙か先のスタート場所に移動して、累積標高差1000m超の山を越え会場のゴールを目指すスケジュールになります。


十勝岳2015-4


会場から見あげる山並みは霧に覆われ目には何も映りません。
大会主催者の説明では晴れるとのことでしたが、この状態は続きそうな感じがします。
ただ、直射日光が避けられ気温も20度には到達していませんので駈けやすいことでしょう。


十勝岳2015-5


10Kでは9時のスタートに合わせ選手がゲートに並び始めています。
コースは会場となるグラウンドから周辺の施設を走り抜けて、山へと続く林道に進みます。
大会前の主催者による説明では25Kより10Kのほうが厳しいコース設定になっているとのこと。
はたしてどの様なコースを走るのかとても楽しみです。
実は申込時にコース選択に迷いましたが、翌週には北海道マラソンが控えているため、来年のための試走&体験目的にショートコース10Kをチョイス!


十勝岳2015-6


今回は事前に主催者側で災害によるコース変更もあり・・・。と、考えると自然下で厳しいコースなのかなとの予感もありました。
来年には、70Kのロングコースの新設も検討しているとのことです。


十勝岳2015-7


さぁ~、第1回記念大会が始まります!
スタート後は会場周辺を走り抜けて林道に入り、山頂へと続く山道は人の行き交いが難しい狭い場所となる登山道へと進みます。
そのため前を駈けるランナーを抜くことも容易ではありません。


十勝岳2015-8


前半のコースはほとんどが登りで追い越すことが難しい狭い登山道なので、スタートからの位置取りが大切になります。
コース内では選手同士が先を譲り合いながら進んでいますね。


十勝岳2015-9


コース全体が前日までの雨のため滑りやすく、場所によりぬかるみがあります。
登山道は長年の雨の浸食により大きな水の流れ道となり、平坦ではありません。
ほとんどの道の中央部が30㎝以上の深さに浸食されてV字状態に・・・。
足を運ぶのには狭く滑りやすいためにとても走りにくい~


十勝岳2015-10


登山道は木々を抜ける場所もあれば、笹藪を刈った場所もあり所々に変化に富んでいます。
道も整備されていて川渡りの丸太橋や木製の階段も設置されていますが、とても滑りやすく大変危険なため気をつけなければなりません。
「ヌルっ!」「づるッ!」「ドテ!」と何度地面に身体をついたことか(笑)


十勝岳2015-11


更に山頂付近では地球から顔を出した岩が行く手を阻みます。
山岳登山道なみの岩肌に四苦八苦~!岩に足をのっけようものなら・・・。
濃霧で濡れた岩肌と、こけの付着でエリートランナーも初心者も転けちゃってます~。
山猫も登りで足をあげて膝を「ゴツッ!」、滑って「ガツッ!」・・・両膝真っ赤です。

岩肌は手を使い登るほどではありませんが、険しいコースにペースダウン。
そして今度は同じような場所を下るわけですから全身パフォーマンスは必須です。
体幹トレーニング必要だな~・・・。と感じます。


十勝岳2015-13


山頂付近に到達後の残る半分の距離のほとんどを下りに費やします。
給水エイドで補水して、ここからはスピード勝負となりますが、相変わらず足場には大きな水の流れ道ができて走りにくく危険を伴う状態になっています。
山猫はリズムに乗り駈け下がっていましたが、運悪く岩に足を挟めてぶっ転び~
足首に痛みが走ります。悩みますね~。前方には20数人が。残り4キロ!
翌週のフルマラソンへの影響
ん~っ。断念!ここでペースを落とします。後続ランナーさんどうぞお先に~(涙)
大事を取りましたがここからゴールまでの間は抜かれまくりでしたね~


十勝岳2015-14


ゴール会場に近づくと供に、遠くから聞こえるらアナウンスも徐々に近づいてきます。
恥ずかしながら脚を引きずりゴールを目指してゲートイン!

1時間16分49秒・・・FIN

会場にはすでに40人ほどのランナーがゴールしていました。
総合42位・男女別40位・年代別9位・・・・空しいけど、たのしかった!


十勝岳2015-15


ゴール会場で完走記録証を受け取り、テント内では地元産のたべものが振る舞われています。
受付で頂いた「お持てなし券」で「メロン!ジャガイモ!炭火直火焼き豚串!」を・・・。


十勝岳2015-16


出店ブースでトレラン用品を見ながら時間を過ごし、12時には表彰式へと移ります。
各種目別に6位までのランナーが表彰されています。

その後は大抽選会がおこなわれて会場は大きな盛り上がりを見せています。
当選確率は1/5の確率らしいのですが、山猫は外れ組
入浴が可能になったとアナウンスが流れ、抽選か?入浴か?と迷います!


十勝岳2015-17


25Kの完走者に聞くと、25Kはスタートから主に林道を走り20キロ地点から、10kの5K地点と合流するコースになっていました。
10Kは山を一気に登り駈け下がるコースで、距離は短いですが厳しさが凝縮されています。
・・・・リベンジです。
だけどこの時期は、翌週が道マラなのですよね~。また大事走りになっちゃうな~(笑)


十勝岳2015-18


大会参加賞のTシャツとラベンダーの香袋。
期待した完走賞はないみたいですね(笑)

会場では終始ミュージックが流れ、MCのパフォーマンスで大会全体は終始盛り上がりを見せていました。
第2回大会、来年がまた楽しみです。
大会実行委員、大会運営に関わって下さったスタッフのみなさんに感謝致します。


十勝岳2015-19


十勝岳2015-20




ランキングに参加しています!ポチッとワンクリック お願いします♪




にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

プロフィール

src904

Author:src904
ご訪問ありがとうございます!

検索フォーム

Ranking

Rankingに参加しています!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ 走友会・ランニングクラブへ

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。